暮らしに役立つ、知恵がある。

 

食物繊維が不足すると、腸内環境はどのようになってしまう?

腸活の成功を左右する食事。中でも、要になる食物繊維はより効果を発揮する摂り方を知ることが大切に。
日本食物繊維学会理事長の青江誠一郎さんに教わります。

イラストレーション・ZUCK 構成&文・中條裕子

Q.食物繊維が不足すると、腸内環境はどのようになってしまう?

A.腸内細菌の多様性が失われ、さまざまな病気の引き金に。

「ひどくなると腸内の菌が減少してしまいます。そのまま親から子へ、次の世代に菌が少ない状態で受け継がれてしまう。なので、3世代もするとよい腸内細菌がほとんどいなくなってしまうことも。
そうなると防御システムがなくなり、腸炎やアレルギーを起こすだけでなく、腸でできる毒素が簡単に体に入り、血管や循環器系にも悪い影響が出る場合があります」

腸炎や大腸がん、アレルギーなどを起こしやすくなり、心臓病や脳卒中といった循環器系の死亡率も上げてしまうのだという。
そもそも、腸は口からそのままつながっている、いわば外界。そして砦でもある。そこが崩れれば、外界の悪いものが腸を通じて体内に入ってきてしまうという恐ろしい事態に。

1000種類もいる腸内細菌は好みもそれぞれ。食物繊維の種類を多く摂ると多様な菌が元気になって、腸内環境の多様性も保たれる。ヒトの健康と食物繊維の摂り方は直結しているのだ。

食物繊維が不足すると、腸内環境はどのようになってしまう?
  • 青江誠一郎

    青江誠一郎 さん (あおえ・せいいちろう)

    大妻女子大学家政学部教授

    日本食物繊維学会理事長。著書に『最強!毒出しごはん:3つの食物繊維が毒を排出 免疫力を高める!』(河出書房新社)ほか。

『クロワッサン』1085号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. からだ
  3. 食物繊維が不足すると、腸内環境はどのようになってしまう?

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載