からだ

正しいヘアドライの手順、基本のキ。

パサつく、うねる、なんだか印象が寂しい……そう感じたら、これまでの髪の手入れをアップデートしよう。毎日の積み重ねで大きな違いが出るはず。
毛髪診断士の伊熊奈美さんと齊藤あきさんがガイドします。
  • 撮影・中島慶子 イラストレーション・きりふみこ 文・恒本綾子

【ヘアドライ】

●乾きにくい後頭部から根元にしっかり温風を通す。

意外とおろそかにしがちなのが、ドライヤーの前のタオルドライ。

「髪が長い人は乾かすのに時間がかかります。できるだけドライヤーを使う時間を短くするためにも、専用のヘアドライタオルを使うとしっかり水分を取っておけます」(伊熊さん)

「濡れた状態の髪はとてもデリケート。摩擦を起こさないためにもゴシゴシこすらず、タオルに水分を吸わせるイメージでやりましょう。片面だけでなく、タオルの両面を使うようにすると水分が吸収されやすくなります。タオルを巻いたまま放置しないで、10分ほど経ったらドライヤーを」(齊藤さん)

ドライヤーは安価なものから高性能モデルまで、選択肢の幅が広い。しかし、ドライヤーこそ投資すべきと、伊熊さんはアドバイスする。

「髪のためにも、ドライヤーだけはいいものを使ったほうがいい。熱で乾かすのではなく、大風量、大風圧で、タンパク質の変性を防ぐためにも60〜70度くらいまでの低温で乾かすのがベスト。髪の表面温度をセンサーで察知して、温風と冷風が切り替わるようなセンシング機能が搭載されたものだとなおよいでしょう」(伊熊さん)

〈ドライヤーの手順〉

1.後頭部の内側から温風を通す。

最初に乾きにくい後頭部の内側から。左右の手でドライヤーを持ち替えながら動かし、温風をまんべんなく当てる。

2.上の髪を持ち上げて、ハチ周りに。

次に頭部の上半分の髪を持ち上げて、ハチ周りを乾かす。
ここは最も乾きにくく、ニオイのもとになるので要注意。

3.片側に倒し、根元に温風を当てる。

ボリュームアップの決め手は毛流れと逆方向に乾かすこと。分け目を覆うように片側に倒す。逆サイドも同様に。

4.トップを持ち上げて、根元を立てる。

トップの髪を手で持ち上げたら根元に温風を当てる。360°まんべんなく当てると、ふんわり感がアップ。

編集部おすすめのアイテム

ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル 38×85cm 1,100円(ハホニコ ハッピーライフ事業部 TEL.0120・8025・11)

美容師考案。ふんわりソフトな質感で水分を瞬時に吸収。

クオル タオルではじめる美髪ケア フェイスタオル 34×80cm 1,870円(ハートウエル TEL.08 98・56・1254)

今治タオルメーカーの毛髪専用アイテム。低摩擦でダメージを軽減。

ヤーマン トウキョウ ジャパン リフトドライヤー 5万5000円(ヤーマン TEL.01 20・776・282)

大量の風を直進的に送り出し、約60度で低温速乾。うれしい美顔器機能も搭載。

ズーヴィ ヘイローヘアドライヤー 3万9600円*編集部調べ(ズーヴィ カスタマーサポート TEL.05 0・3821・8355)

特許取得済みの光による乾燥技術でヘアケアと速乾性を両立。

伊熊奈美

伊熊奈美 さん (いくま ・  なみ)

美容エディター

毛髪診断士、毛髪技能士。さまざまな雑誌やWEBで美髪にまつわる記事を執筆。著書に『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)。

齊藤あき

齊藤あき さん (さいとう・あき)

パーソナルビューティプロデューサー

毛髪診断士、一般社団法人日本美髪協会代表。テレビやセミナーで活躍するほか、化粧品も開発。監修本『美髪ケア大全』(主婦の友社)。

『クロワッサン』1068号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。