からだ

【鎖骨、首周り編】エイジングデザイナー・村木宏衣さんの顔のたるみを解消する筋膜リリース。

輪郭がゆるむ、頬の位置が下がる……。顔のたるみの引きがねになるのが肩凝り、そして筋膜の癒着。筋膜をゆるめて、凝りもたるみも一気に解消。
  • イラストレーション・小林マキ 構成&文・入江信子

筋膜リリースで、顔のたるみ予防。【鎖骨・首まわり】

鎖骨や首の筋膜のこわばりは、首がすくんで顔が前に引っ張られ、たるみが起きる元凶。毎日少しずつほぐすよう心がけて。

腕を伸ばして鎖骨ほぐし。

固まった鎖骨まわりの筋膜をほぐすメソッド。リンパの巡りもよくなる。

(1)鎖骨の上のくぼみに中指を引っ掛けるように入れ、10秒圧をかける。指の位置をずらして片側2〜3カ所ずつ行う。鎖骨が埋まっている人は頭を横にかしげるとわかりやすい。

(2)中指で圧をかけたまま、息を吐きながら腕を体の正面に伸ばし、吸いながらゆっくりと腕を引いて戻す。この動作を10回行う。指の位置をずらして片側2〜3カ所ずつ行う。

(3)中指で圧をかけたまま、息を吐きながら腕を上げ、ゆっくり下げる動作を10回行う。ひじを曲げず、上のほうに伸ばすイメージで。指の位置をずらして片側2〜3カ所ずつ行う。

 「うんうん」「いやいや」でほぐす。

鎖骨の奥の筋膜をリリース。力のない人でも手軽に行うことができる。

(1)人差し指と中指を揃えて、鎖骨の上のくぼみを5回押す。2cmくらいの間隔で指をずらし、押す位置を変えていく。押す際は、やや強めの圧でしっかりと。左右各4カ所ずつ行う。

(2)1でほぐした時に凝りを感じた箇所を人差し指と中指で押さえ、首を上下に「うんうん」と、さらに左右に「いやいや」と振る。左右交互に各10回。

首の凝りをリセット。

顔のたるみに直結する首の筋膜は、硬くならないよう、常に整えておこう。

(1)喉より少し外側に右手親指を当て、ほかの指で首の後ろを支える。あごを上げ、10秒間上下左右に首を振る。左手でも同様に。

(2)親指を1より少し上にずらし、同様に10秒間上下左右に首を振る。左右各3カ所ずつ行う。親指に力を入れすぎないよう気をつけて。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。