からだ

【肩まわり編】エイジングデザイナー・村木宏衣さんの顔のたるみを解消する筋膜リリース。

輪郭がゆるむ、頬の位置が下がる……。顔のたるみの引きがねになるのが肩凝り、そして筋膜の癒着。筋膜をゆるめて、凝りもたるみも一気に解消。
  • イラストレーション・小林マキ 構成&文・入江信子

筋膜リリースで、顔のたるみ予防。【肩まわり】

肩付近の筋膜がこわばっていると、肩が凝るのはもちろん、顔が前に下がってたるみに。凝りの自覚がある人は念入りにほぐして。

肩甲骨をゆるめる。

手が届きにくい肩甲骨付近の筋膜は、テニスボールで刺激を与えてほぐすと簡単。

(1)両膝を立てて、仰向けに寝る。肩甲骨のキワにテニスボールを置いて、腕をまっすぐ上に上げる。

(ボールの位置は右下の丸の中を参照)肩甲骨に沿ってボールを当てる。左右それぞれ、背骨に沿って点で示した5カ所、さらにその下側の2カ所に当てて、背中全体をほぐす。

(2)ひじを下に引き、筋膜に刺激を与える。この時、わきやひじが開かないように注意。各箇所3回。

肩をゆるめる。

肩凝りを直接的に引き起こす部位、首の後ろから肩、背中の僧帽筋の筋膜を刺激。

(1)右手で左肩を上からつかむ。そのままの状態で、自然に呼吸しながら左腕を前後にブラブラ動かす。

(2)反対側も同様に。左右各20回。この動きでリンパの流れもスムーズに。

立ち姿勢で背中をゆるめる。

猫背ぎみの姿勢をリセットする筋膜リリース。背中を伸ばすことで、肩凝りも楽になる。

壁と平行に立ち、左手を上げ壁につく。手の位置は変えずに、左足を1歩前に踏み込み、腕からわきを10秒間伸ばす。顔は正面を向き、背筋を伸ばした状態で。右側も同様に。左右各3回。

壁を使って背中をゆるめる。

背中の筋膜を整えるもうひとつの方法。体力のない人でも体勢を保ちやすい。

(1)壁に向かって足を肩幅よりやや広めに立ち、両手を肩幅より広めにして壁につく。壁と体の間は、両ひじを軽く曲げたくらいの距離で。

(2)両ひじを深く曲げて体を前傾させ、左側の肩と頰を壁につけ、そのままの状態を15秒間キープ。右側も同様に行う。左右各5回。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。