からだ

疲れた腸をリセットして活性化! 16時間断食に注目。

巷で話題の腸活にまつわるトピックスをご紹介。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・中島陽子 構成と文・野尻和代
睡眠時間込みなら意外と実践しやすい16時間断食。「8〜16時の間に一日の食事を終えるのが理想的。でも、生活スタイルに合わせて無理なく設定を」(青木さん)。また、内臓脂肪とともに筋肉も落ちるので、軽い筋トレなどを行おう。

一日のうち16時間連続で食事を摂らない時間を作るだけで、体の不調が改善され、ダイエットにもなると話題の〝16時間断食〟。

「空腹で体が飢餓状態になると、細胞内の老廃物などを分解してエネルギーにするオートファジーが作用して、古い細胞が生まれ変わります。それによって内臓機能は高まり、病気予防や体質改善が期待できるんです」と語るのは、このメソッドを提唱する青木厚さん。

この〝16時間断食〟は、腸の活性化にもメリットがあるという。

「食べすぎや加齢により、働きが鈍っていた腸は、空腹時間にしっかり休ませることで本来の消化機能が復活。その結果、腸内細菌叢が多様化して菌の種類も数も増え、腸内環境が整えられます」

青木 厚

青木 厚 さん (あおき・あつし)

あおき内科 さいたま糖尿病クリニック院長

糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病が専門。著書『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム)は35万部を突破するベストセラー。

『クロワッサン』1061号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。