からだ
くらし

ナムル風でお酒にも合う、ピーマンのねぎじゃこ和え【高山かづえさんの小皿料理レシピ】

どこの家にもありそうな身近な食材の小皿料理。ササッと作れて、満足度も高し。魚介の旨みにしみじみ。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 構成と文・堀越和幸 撮影協力・UTUWA(TEL.03・6447・0070)

ピーマンのねぎじゃこ和え

ちりめんじゃこ

カリッと揚げ焼きにしたじゃこと、じゃこの旨みが移った熱々の油をピーマンにからめるナムル風料理。髙山さん曰く「レモンサワーが進みます」。もちろんご飯にも。

【材料(2人分)】
ちりめんじゃこ 15g
ピーマン 4個(150g)
長ねぎ 1/4本
すりごま 大さじ1
ごま油 大さじ2
塩 小さじ1/4

【作り方】
1.ピーマンは縦半分に切って種とわたを取り、横に薄切りにする。長ねぎはみじん切りにする。ボウルにピーマン、ねぎの順に重ね入れる。
2.フライパンにごま油を入れて中火で熱し、じゃこを加える。弱火にして、カリッとするまで4分揚げ焼きにし、1のピーマンとねぎに油ごと回しかける。全体に油をからめるようにして和え、塩、すりごまを加えてさっと混ぜる。

髙山かづえ

髙山かづえ さん (たかやま・かづえ)

料理研究家

日常のおかずから、おつまみまで親しみやすいレシピを提案。12月上旬に最新刊『一生ものの副菜』(KADOKAWA)を発売予定。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。