からだ

「ほうれい線」と「口周りの縦線」、年齢が表れるパーツを何とかしたい。

見られていないようで見られている、年齢が表れるパーツ。実年齢以上に老けて見せない対処方法を肌育成スペシャリストの川上愛子さんに聞きました。
  • 撮影・山本 嵩(物) イラストレーション・進藤やす子 構成と文・大澤はつ江

ほうれい線

ほうれい線からこめかみまで。引き上げマッサージを行う。

表情筋を支える靭帯は加齢とともに弾力を失い、筋肉を支えきれなくなる。すると筋肉が下に引っ張られ、ほうれい線が生じる、といわれている。

「コラーゲンを増やすレチノールなどが配合されたクリームでほうれい線を引き上げながら、こめかみまでマッサージするのが効果的です。頬の筋肉がたるむと口輪筋(口周りの筋肉)も下がってきますから、常に口角を上げる動きを心がけてください」

(1)クリームをなじませ、手をグーの形にし人差し指の第一関節をほうれい線の下部にあてる。

(2)口角を引き上げるようなイメージで指をこめかみ部分までゆっくりと引き上げる。3~4回。

肌を柔らかくほぐし、ハリ、ツヤを与える。

ルシェリ リフトグロウ エマルジョン 各120ml 3,300円*編集部調べ(コーセー)

うるおいコラーゲンケア成分を配合。肌を柔らかくほぐし、なめらかな弾力のある肌に整える。「Ⅰしっとり」「Ⅱとてもしっとり」「Ⅲ特濃」の3タイプがある。

口周りの縦線

クリームは優しくなじませて。こするとシワの要因になる。

口周りに入った細かい縦ジワは“梅干しジワ”とも呼ばれ、これがあると一気に年齢を感じさせてしまう。

「乾燥で口周りの弾力が失われるのが原因のひとつ。保湿力の高いクリームで、潤いを絶やさないこと。シワ部分だけでなく、クリームを口周り全体にトントンと置き、優しくなじませるのがコツです。こするとシワを増やすことにも。口角を上げる動きは口周りの血行を促し、シワ改善に効果的です」

(1)クリームを指に取り、口周りの縦ジワを中心にトントンとつけて優しくなじませる。

(2)数回、口角をニッと上げる。表情筋が動くことで口周りの血行が促され、シワ改善に。

口周りの乾燥を防ぎ、ゆるみジワを解消。

SHISEIDO バイタルパーフェクション リンクルリフト ディープ レチノホワイト5 20g 1万4740円(SHISE IDOお客様窓口)

薬用有効成分、純粋レチノールを含む5つの有効成分を配合した部分用クリーム。目の周りや口角周りのゆるみジワなど、気になる部分に優しくなじませて。医薬部外品。

プロぺト ピュアベール 30g 660円*編集部調べ(第一三共ヘルスケアお客様相談室 TEL.0120・337・336)

白色ワセリンをさらに精製し、不純物を極力カット。添加物などを加えない高品質のワセリン。皮膚保護力に優れ、水分の蒸発を防ぐ。第3類医薬品。

川上愛子

川上愛子 さん (かわかみ・あいこ)

肌育成スペシャリスト、(社)日本爪肌美容検定協会代表

科学的な視点でスキンケアを研究。素肌の持つ力で光り輝く肌を作り出す「洗いすぎない美容」を提唱している。

『クロワッサン』1053号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。