からだ

“おしゃれの制服化”で迷わない。一田憲子さんが今、選ぶ服。

歳を重ねると、若い頃とは体形や環境が変わってきます。変化していく自分をいとおしみながら、おしゃれを楽しむヒントを達人たちに聞きました。
  • 撮影・青木和義 文・中沢明子

“おしゃれの制服化”で 自分の暮らしを アップデートできます。

暮らしにまつわる、さまざまなテーマを手掛ける一田憲子さん。取材を通じて出会ったおしゃれな人たちのそれぞれの考え方に大いに刺激を受けつつ、じっくりと自身のおしゃれの方向性を見極めてきたそう。

「若い頃と歳を重ねた今では、ファッションの楽しみ方はやはり、変わりますよね。私の場合は自分が着ていて落ち着き、お会いする方には感じよく見える装いを心がけるようになりました。また、仕事柄、動きやすいというのも重要です」

『ア・ピース・オブ・ライブラリー』のパンツとシャツに、〈ショセ〉のシルバーの靴を合わせて。「タックの入った立体的なパンツとシャツ、レースアップシューズが私の基本スタイル。動きやすさをキープしつつ、ほどよいきちんと感もある、こんな3点セットを着ると、気持ちが仕事モードに切り替わります」。黒のレザーバッグは〝驚くほど軽い〟と評判の〈m0851〉。

多忙な毎日。コーディネートに悩まないよう、“おしゃれの制服化”をしておくのも一田さん流だ。

「私はヒップが大きいので、体形を隠せるウエスト周りにタックが入ったパンツが定番。季節によって素材を変えながら、こうした定番パンツを軸にした、シャツ+レースアップシューズという3点セットが基本です」

取材を通して知り合った、島根県松江市のセレクトショップ『ダジャ』のディレクター・板倉直子さんは、一田さんが絶大な信頼を置いている一人。こちらのライトグレーのワンピースは『ダジャ』で購入した〈ミシェル・ボードアン〉。顔映りもよく、さわやかな着こなしになる一枚。かなり以前に左のレザーバッグと同じ東京・吉祥寺の『プロムナドゥ』で買ったカゴバッグは、プライベートタイムに活躍している、長年の愛用品。靴は〈ショセ〉。

トークイベントなど人前に出る際は、華やかな装いをすぐに叶えてくれるワンピースを選ぶことが多い。

「ふだんは抑えたトーンの色味に絞り込んでいますが、ワンピースでは少しカラフルな色や柄物を取り入れたりすることもあります」

新潟市にある『ア・ピース・オブ・ライブラリー』も一田さんが大好きなセレクトショップ。「ふだんは柄物を着ませんが、ペイズリーのリバティプリントのワンピースを薦めていただき、挑戦してみたところ、案外気に入って。よく行くショップの店員さんは似合うものを客観的な視点で教えてくださいますから、時には素直に取り入れてみるといいと思います」。靴はこちらも〈ショセ〉でバッグは〈ヴィン〉。

そして、“制服化”も一度決めて終わりではなく定期的に更新する。

「定番アイテムも微妙にシルエットが変わりますから、古びない程度のアップデートは必要です。また、最近の私は足りなくなっていく女度を補充するために(笑)、レース付きのシャツやアクセサリーを合わせるなど、ディテールにほんの少しのかわいらしさを足すようにしています。普通の服を自分らしく合わせて“制服化”ができるようになったら、おしゃれに迷わなくなりましたし、気持ちも楽になりました」

「整理収納アドバイザーのEmiさんにアドバイスしていただき、奥の部屋に収納していた服をリビングの押し入れに移動させたら、取り出しやすくなりました」
「アクセサリーはピアスをつける程度でたくさんはつけません。嫁入り道具の真珠の3点セットのうち、イヤリングをピアスに変えて日常使いしています」
「〈ショセ〉は、私の足形にぴったり合う靴ブランド。所有している靴の9割近くがこちらのもの。特に調整もできるレースアップシューズが欠かせません」
一田憲子

一田憲子 さん (いちだ・のりこ)

編集者、ライター

生きるヒントを届けるサイト「外(そと)の音(ね)、内(うち)の音(おと)」主宰。最新刊は『大人の片づけ できることだけやればいい』(マガジンハウス)。

『クロワッサン』1053号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。