からだ
くらし

市販のポン酢で手間なし、焼き油淋鶏のニラぽんだれ。【堤人美さんのレシピ】

暑くて湿気の多い今の季節は、酸味の効いたひと皿が体に効きます。美味しく食べてスッキリしよう。
  • 撮影・合田昌弘 スタイリング・矢口紀子 文・松本あかね

生ニラが決め手。 市販のポン酢で調味も手間無し。

こんがり焼いた鶏肉をニラの香味とポン酢が爽やかに包む、食欲の進むひと皿。ニラのタウリンには血行促進効果があるので、たっぷりかけてアクティブに過ごしたい。

焼き油淋鶏(ユーリンチー)のニラぽんだれ

木べらで押さえながら、皮全体がパリパリになるまで焼きつける。

【材料(2人分)】
鶏もも肉1枚(250g)
塩小さじ1/4
こしょう少々
サラダ油小さじ2
A[ポン酢1/3カップ、ニラ1/2本(みじん切り)、ごま油大さじ1、生姜1/2かけ(みじん切り)、白いりごま小さじ2]
レタス2枚

【作り方】
1.鶏肉は厚みを均等にし、塩・こしょうで下味をつける。フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮目から焼く。へらなどでぎゅっと押さえながら、6分ほど焼きつける。途中で脂が出てきたらペーパーで除く。こんがりきつね色になったら裏返してさらに4分ほど焼く。
2.Aを混ぜる。
3.レタスの千切りを器に敷き、1を食べやすい大きさに切ってのせ、2をかけながらいただく。

堤 人美

堤 人美 さん (つつみ・ひとみ)

料理家

雑誌、書籍で活躍中。今風で美味しいレシピに定評が。『家に帰ってスグおいしいホットクックごはん』(主婦と生活社)など著書多数。

『クロワッサン』1047号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。