くらし

疲れた体に。きゅうりと豚バラの梅生姜炒め。【堤人美さんのレシピ】

暑くて湿気の多い今の季節は、酸味の効いたひと皿が体に効きます。美味しく食べてスッキリしよう。
  • 撮影・合田昌弘 スタイリング・矢口紀子 文・松本あかね

疲れた体にはやっぱり梅干し。相性のいい豚肉と。

ビタミンB1が豊富な豚肉と食欲増進効果のある梅干しの組み合わせは、疲労回復のベストコンビ。梅干しのクエン酸は鉄、亜鉛などミネラルを吸収しやすくする働きも。

きゅうりと豚バラの梅生姜炒め

きゅうりは種を取ると水分が出ず、歯触りよく仕上がる。

【材料(2人分)】
豚バラ薄切り肉150g(2cm幅に切る)
きゅうり2本
新生姜40g(薄切り)
塩・こしょう各少々
梅干し約1/2個(大さじ1/2・塩分12%)
A[酒・みりん各大さじ1、しょうゆ小さじ1、片栗粉小さじ1/2]
サラダ油小さじ2
青じそ5枚

【作り方】
1.豚バラ肉は塩・こしょうで下味をつける。Aを混ぜる。
2.きゅうりを縦に切り、種を除いて斜め薄切りにする。
3.フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚肉をさっと炒め、新生姜ときゅうりを加えて2分ほど炒める。きゅうりが鮮やかになったら梅干しをちぎり入れ、Aを加えてさっと炒め合わせる。仕上げに青じそをちぎって加え、さっと合わせる。

堤 人美

堤 人美 さん (つつみ・ひとみ)

料理家

雑誌、書籍で活躍中。今風で美味しいレシピに定評が。『家に帰ってスグおいしいホットクックごはん』(主婦と生活社)など著書多数。

『クロワッサン』1047号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。