からだ

疲れ目ケアに、眼輪筋を動かすストレッチ。

お悩み解消ストレッチを、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代 モデル・くらさわかずえ

仕事中、目がかすんでショボショボに。疲れ目ケアの方法は?

まぶたの上下には「眼輪筋」という筋肉があります。これは、まぶたを閉じるときに使われる筋肉。通常、人は無意識にまばたきをして涙を目に送り、水分や酸素を届けたり異物を洗い流しています。

ところが、パソコンやスマホのディスプレイをじっと見つめているときは、眼輪筋を収縮させて目を細め続けるので、ここにもコリが生じることに。

デスクワークの合間には、目のストレッチで疲れ目解消を。目のまわりのシワ予防にもなります。

【解決】

眼輪筋を動かすストレッチで目のコリを軽減する。

【やってみよう!】大きくゆっくりとまばたき。

親指を下まぶた、人差し指を上まぶたに置いて上下に引っ張る。そのまま目を閉じる→開くを10秒間で5回繰り返し。3セット行う。

【Point】まぶたを固定して目を開閉。

(A)目を大きく見開いて、親指と人差し指でまぶたの上と下を押さえる。指の位置は動かさない。

(B)まぶたを上下に引っ張って、眼輪筋をのばしたまま、ゆっくりまばたき。力を込めず、ソフトに目を閉じる。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。