からだ

【試して納得】リピーター続出! スニーカーのように歩きやすい、本革サンダル。

ふんわり柔らかく足が痛くならない本革サンダル。歩きやすさとファッション性を備えた人気商品に新色が登場です。
  • 撮影・多田寛 文・板倉ミキコ

素足が気持ちいい季節がやってきました! 

サンダルの快適さにはいくつになっても抗えませんが、年を重ねると若い頃のようにビーサンでは街に出られません。その上、履くと疲れやすいというのもサンダルの難点。解放感、足への負担のなさ、歩きやすさ、ファッション性など、大人の足は、足の主人同様要求が増えてくるものです。

そんな注文の多い私の足を納得させるのが、サンダルの解放感と、スニーカーの歩きやすさを併せ持っているこちらのシリーズです。

本革カバードサンダル。左からブラック、アイボリーパイソン柄、ライトシルバー。
本革クロスサンダル。左からネイビーエナメル、ホワイトエナメル、新色のチョコレート。

足がスッキリ見えるクロスサンダルと、しっかりしたホールド感が特徴のカバードサンダル。どちらも国産の牛革を使用しているので、カジュアルすぎない、きちんとした見た目を演出してくれます。

足首をしっかりホールドしてくれるので安定した履き心地なのですが、何よりのポイントはクッション性のあるウレタンソール。

足裏に直接触れる革と、ウレタンソールの間にスポンジが入っているので、歩く際の衝撃を和らぎ、足裏を柔らかく支えてくれます。さらに適度な弾力と屈曲性があるから、足の動きを妨げず、階段の上り下りもスムーズなんです。

バックベルトの長さは5段階に調節可能なので自分の足首のサイズにフィット。

このサンダル、「履きおろしでも靴擦れしない」をコンセプトに作られただけあって、足を包み込む素材も吟味されています。甲やアンクルストラップ部分など、肌に当たる部分はフワフワの生地を当てているので、足首や甲が擦れて痛い、ということがありません。

上質な革の裏には少しクッション性のある生地を貼ってあり、足首や甲が擦れて痛い、なんてことがない。

内側はふわふわでも、表側はクールな牛革という組み合わで、履いた時に足はスッキリ見えるのが嬉しいです。健康サンダルのぽってり感とは一線を画すデザイン性、ファッション性も持っています。

カジュアルになりやすい暑い季節のファッションにも、きちんと感をプラスするデザイン。

毎年、新色を買い足すリピーターも多いというサンダル。

私も、今年は何色にしようか思案中です。サンダルには素足がセオリーだけど、今ならカラフルなソックスを組み合わせても可愛いかも、とか、新しく買ったワンピースにはネイビーエナメルを合わせると締まりそう、などとコーディネイトを考えるだけで気分が上がります。(ライターMikiko)

バックルの裏にゴムがついているから、指1本で脱ぎ履きが楽々。

<商品概要>

■商品名 
本革カバードサンダル(税込9,790円)
本革クロスサンダル(税込9,790円)

■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。