からだ
くらし

冷えや風邪に。ほうじ茶で作る、かんたん漢方茶。

いつも飲んでいるお茶に、入手しやすい漢方食材を加えてお湯を注ぐだけ。ちょっとした不調や日々の健康管理にどうぞ。
  • 撮影・岩本慶三 スタイリング・中林のり子

ほうじ茶と

ほうじ茶は、煎茶や番茶、茎茶(どれも緑茶)を強火で炒ったもの。口に含むと軽やかで香ばしい香りが広がり、緊張を解きほぐしてくれる。カフェインが少ないので夜に飲んでも。

体に潤いを補給してくれるのもうれしい。比較的クセがないから、味のバリエーションも発想次第で広がる。

【冷えやめぐりが気になるときに】(A)ほうじ茶+黒糖、牛乳、シナモン

血をめぐらせてくれる黒糖とシナモン。潤いを補ってくれる牛乳を合わせて、熱を生み出せる状態に。ほっとする味で、ほうじ茶でつくるカプチーノのよう。

【かぜのときの栄養補給に】(B)ほうじ茶+甘酒、ゆず皮

熱が出て汗をかいたあとに、甘酒ほうじ茶で潤いと栄養を補給する。アクセントにゆず皮を合わせると、気分もすっきり。甘酒にほうじ茶を足す感じでつくると美味。

【お腹の調子を整えたいときに】(C)ほうじ茶+棗、陳皮

冷えやストレスでお腹の調子が思わしくないときに、精神安定作用がある棗(なつめ)と消化機能の改善が期待できる陳皮を、平性のほうじ茶で。棗はほぐして実も食べよう。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。