からだ

食べながらダイエット! 内臓脂肪を落としてくれる7つの食材。

内臓脂肪を落としたいなら、食べるべきものを覚えるのが近道。7種の食材と栄養を理解して、食べながらダイエット!!
  • 文・日高むつみ イラスト・松元まり子

1.卵

●何個でも食べていい必須栄養素満載の「完全栄養食」。

卵はビタミンC以外の必須栄養素が摂れる完全栄養食。1日に必要な必須アミノ酸のバランスを数値化したスコアは最高点の100をマークしている。
一方で懸念されてきたコレステロール値への影響だが、近年の研究で誤解と判明。どんなに食べても、人間の体にコレステロールは一定量が保たれるようになっており、厚生労働省の摂取基準の上限も2015年撤廃された。
つまり何個食べても問題はなく、消化がよく胃腸への負担が小さいことからも積極的に摂りたい食材の筆頭に。しかも調理が簡単で手軽、安価と良いことずくめ。卵を食べれば、たんぱく質の摂取で筋力も安定、糖質を制限してもスムーズに内臓脂肪が燃焼するというわけ。
ただし、ばっかり食べは厳禁。アレルギー発症が皆無とは言えないほか、ビタミンCや食物繊維、DHA、EPAをはじめ他の食材から摂るべき栄養成分もお忘れなく。肉や魚、野菜などをバランスよく!!

2.肉・魚

●たんぱく質と、脂質だけでなくビタミン、ミネラルも摂取。

糖質に代わるエネルギー源として不可欠で、筋肉を作る材料としても、積極的に摂りたい食材が肉と魚。
肉と言えば動脈硬化への影響を懸念する人もいるかもしれないが、血管に悪影響を及ぼすのは糖質であり、たんぱく質はむしろ血糖値の上昇を抑えることが、近年わかっている。
肉はアレルギー反応もほぼないことから、安心して食べられる食材と言える。なかでも赤身肉は、ヘム鉄を多く含み、月経、妊娠、出産による鉄不足を解消。レバーも、ビタミンやミネラルも見逃せない。
また、魚も優良なたんぱく源であり、特に青魚には、人間の体内で作ることができないDHAやEPAが中性脂肪を減らし血液をサラサラに。

3.油

●バターやラードなど、上質な油脂で健康を維持して。

低糖質ダイエットでは、糖質を減らすことに気を取られて脂質とたんぱく質が不足すると、筋肉量と基礎代謝も落ちて、結果的に痩せにくい体になることが。
それを防ぐには、脂質とたんぱく質を今までどおり、しっかり摂取することが大事。脂質を摂る場合、加熱用にはバターやラード、ココナッツオイルなど、加熱による酸化が少ない油を。
生食用には低温圧搾のオリーブオイルや亜麻仁油、エゴマ油、生クリーム等上質な油を選ぶこと。酸化した油は、体を酸化させるので老化のもと。
生食用の油も、食べる直前に食材に適量かけていただくのがベスト。良質な脂質は、脂肪の燃焼と健康な体に必要と心得て。

4.大豆製品

●低糖質で植物性たんぱく質豊富な、副菜の筆頭格。

豆腐やおから、豆乳、納豆などの大豆製品は、植物性たんぱく質が豊富。必須アミノ酸のバランスを表すアミノ酸スコアが高い。
エネルギーの代謝を促すビタミンB群や、カルシウムやマグネシウムをはじめ生理機能の維持調節に大きな役割を果たすミネラルも豊富。
また女性ホルモンと同様の作用を持つ大豆イソフラボンや、脂肪の燃焼を助けるアディポネクチンを増やす成分を含むとされる。
ただし、いずれも肉や魚や卵と比較すると少ないため、食事のメインに据えたり大豆製品ばかり摂取するのはNG。主菜で足りない栄養を補う主力級の副菜として、麺やご飯を食べたいときの代替食材として活用するには有効。

5.野菜

●ビタミン群の補給源として緑黄色野菜を中心に。

肉や魚や卵が中心の低糖質ダイエットにおいて不足するのが、皮膚や粘膜を健康に保つと同時に細胞の抗酸化を担うビタミンC。
ブロッコリーやキャベツ、ピーマンがビタミンCを豊富に含む野菜の代表格だ。この他に、抗酸化作用をもつカロテノイドをはじめビタミン群やミネラルを含む緑黄色野菜も積極的に摂取を。
ただしビタミンやミネラルの中には加熱により損なわれるものが少なくないので、できれば生食か、加熱が必要な場合も短時間での調理を心がけて。
野菜全般に含まれる食物繊維は糖質の吸収をゆるやかにする働きもある。糖質の高い芋類やニンジンなどの根菜類は、その栄養分をいただきつつ、適量を心がけて。

6.食物繊維

●糖質の吸収をゆるやかにして腸内環境を整える。

食物繊維には、海藻やコンニャクなどに含まれる水溶性食物繊維と、豆類や野菜、ふすまやおからなどに含まれる不溶性食物繊維があり、どちらも内臓脂肪を落とすのに有効。
水溶性食物繊維は糖質の吸収をゆるやかにするほか、小腸で余分なコレステロールなどを取り込んで排出をサポート。不溶性食物繊維は腸を刺激してぜん動を促すほか、腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を整える。
副菜の材料として食事に取り入れつつ、寒天やおからパウダーの焼き菓子、乾燥昆布などをおやつに摂るのもおすすめ。ただしその場合、甘みには「ラカントS」やステビアなど糖質ゼロの天然甘味料を使い、糖質を摂りすぎない注意を。

7.雑穀

●ご飯は繊維質を増やす工夫をして、食事の最後に軽く。

内臓脂肪を落とすためには、おかずを先に食べて満足感を高め、ご飯は食事の最後に軽めにいただくのが基本ルール。
3週間徹底的にダイエットしたいときには、白米(糖質)を抜くのも手だが、シニアの場合は、ご飯に含まれる繊維質も摂りつつ、ゆるやかな糖質制限からスタートを。
もち麦や押し麦の雑穀類や、玄米や胚芽米などを自分が食べやすい比率で白米とブレンドするのも手だ。雑穀はカルシウムやカリウムなどのミネラルが多く、ビタミンB群やビタミンEも豊富。食物繊維も増えて、噛むほどに満足感も大きくなる。

亀川寛大

監修

亀川寛大 さん (かめかわ・かんだい)

医師、亀川ひかるクリニック院長。

2015年から糖質制限指導を開始。全国で講演も。ファミレスやファストフードで実食し、食後血糖値の変動を調べた『糖質制限の外食ガイド』(マキノ出版)が話題。

『Dr.クロワッサン 内臓脂肪を3週間で落とす』(2019年12月27日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。