からだ

全身疾患の原因にもなる歯周病について詳しく知りたい人のための4つの記事。

日本人の成人(30〜64歳)の約8割に見られるという歯周病は、思っている以上に全身の健康状態を左右します。いまの口腔内の健康状態を調べ、正しくケアして歯周病を防ぎましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 強いカラダをつくる、歯と口の健康法。まずは口中老化していないか、チェックシートで自己診断を!

糖尿病をはじめ、動脈硬化や脳梗塞などの重大な病気にまで関係することがわかってきた歯周病。まずは口中老化していないか、チェックシートで自己診断してみましょう。
 ⇒詳細はこちらから

2. 不調を呼ぶ口中老化を防ぐには、正しい歯みがき習慣が基本です。

歯周病菌によって作り出される『毒素』が全身に運ばれないために、まずは正しい歯みがきをマスター。歯科医師の西原郁子さんにブラッシングの基本と歯ブラシの選び方を聞きました。

⇒詳細はこちら

3. 歯周病や生活習慣病まで予防。実はすごい、唾液のチカラ。

「唾液には歯周病菌を含むあらゆるばい菌と闘う、強い殺菌力があります。免疫力の強い身体は、唾液で決まるといっても過言ではありません」と矯正歯科治療専門医の坂本紗有見さん。誰でもできる効果的なケアとして、常に唾液で口腔内を潤しておくことを提唱しています。まずはチェックシートで自分の唾液の現状を知りましょう。

 ⇒詳細はこちらから

4. 安心してください。歯周病はこうして予防できます。

歯を失う原因の半数近くを占める歯周病。どのように予防すればいいのでしょうか。矯正歯科治療専門医の坂本紗有見さんに教わります。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。