からだ
更新:

凝り固まった関節に、上半身を快適にほぐす動的ストレッチ。

以前に比べて動けなくなった、歩けなくなった…いま、多くの人がそう感じているかもしれません。これからもアクティブで楽しい人生を送るために、部屋での楽々トレーニング、始めどきです。トレーナー、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・中島慶子 スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・高松由佳  モデル・くらさわかずえ 文・石飛カノ

デスクワークやスマホの操作を長時間続けていると、無意識に巻き肩や猫背姿勢になりがち。

肩関節や肩甲骨まわり、腰まわりも固まって肩こりや腰痛の原因に。また、猫背姿勢では胸が縮こまるので、バストが垂れて呼吸も浅くなってしまう。

静的ストレッチでじっくり筋肉を伸ばしたら、上半身をダイナミックに動かす動的ストレッチで、凝り固まった関節をほぐしていく。

・前後スイング

1.両足を肩幅に開いて立ち、両腕を引き上げて肘を曲げ、手の指を揃えて小指を肩に。

2.肘を閉じ、視線は斜め上。背中を丸めながら前傾し、肘を伸ばして後方に振ったら、元の形に戻る。腕、お腹、腰の筋肉がほぐれる。5往復。

・上下スイング

1.両足を肩幅よりやや広く開いて立つ。爪先は気持ち外側に開く。両手を上げて肘を伸ばし、頭上で手首をクロスさせる。

2.円を描くように腕を引き下ろし、最後に肘を曲げて拳を握り、肩を落としたら元に戻る。5回繰り返す。

\ 背中を意識! /

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。