からだ
更新:

頭と体をほぐす寝る前のマッサージで、睡眠の質を上げる。

一日の疲れを解消し、夏の元気を維持するためには、睡眠の質が鍵を握る。快眠につながる夜の過ごし方を、項目別に識者(女性ホルモンバランスプランナー(R))の烏山ますみさん、呼吸ヨガ(R)創始者の平賀きょう子さん、医師の山崎まいこさん)が提案。
  • イラストレーション・谷本ヨーコ 文・板倉みきこ

マッサージで

「自律神経系が通る脊柱(背骨)の緊張を緩め、リラックスモードの副交感神経にスイッチを入れる深い呼吸をするのが何より大事」(平賀さん)。さらに頭のコリを取るマッサージもプラス。全部やらなくても、自分が一番心地いいと感じるものから取り入れよう。

背骨をほぐしながら深呼吸

1.胡座をかく。両手を組み、前に伸ばす。肘をピンと張る必要はなく、肩の力は抜いて。

2.息を吸いながら両手を前に引っ張り、吐きながら背中を丸める。両手の力に反発するよう背中を丸め、みぞおちが押し込まれるイメージ。目線はお腹に。

3.息を吐ききったら、息を吸いながら上半身を起こす。2、3を5回ほど繰り返す。吐く時間は吸う時間の倍の長さ。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。