からだ

座ったままの手軽なストレッチ、背伸びで姿勢をリセット。

気持ちよくぐーんと伸ばすだけで、姿勢がリセットされて整います。いちばん簡単なストレッチ、「背伸び」の効用を姿勢治療家(R)の仲野孝明さんに教わって、見直してみませんか。
  • 撮影・玉置順子(t.cube) 文・黒澤 彩

[座る]席を離れられないときも手軽に背伸び。座り方がポイント。

1.まず、椅子に深く腰かけて正しい姿勢で座り直す。足は肩幅くらいに開き、手を組んで手のひらを返し、腕を前に伸ばす。

2.ひじを伸ばした状態で腕を上に。目線は手の甲に合わせ、顔も真上に向けて上げていく。背筋はまっすぐをキープする。

3.手が真上にきたら、あごを引いて顔を正面に戻し、坐骨と手で上下に引っ張り合うように思い切り伸びをする。おしりは浮かせない。

4.組んだ手を解いて腕を横にゆっくりと下ろしていく。左右に手を広げるほどスペースがないときは、省略してもかまわない。

5.立ってする背伸びと同じように、頭が引っ張り上げられ、おなかが薄くなった感覚を確認。できるだけその姿勢を保つ。

デスクワーク中や、乗り物での長時間の移動中など、すぐに席を立てないときは、座ったまま背伸びをすることもできる。

「立っているときと同じようにまっすぐ背伸びをするためには、まず正しいポジションで座ることが大切です。左右2つの坐骨に重心を置いて座れているかチェックしましょう」

座った状態で左右のおしりの下に手をやると、ごりごりと尖った坐骨に当たる。この坐骨が倒れている状態は悪い姿勢で、そのままではきちんと背伸びができない。坐骨が立っていて、2点の坐骨に重心がのっていれば、立っているときと同じ要領で上半身の背伸びができる。

腕を上げずに耳の後ろを引き上げるように首を伸ばすだけの「簡単背伸び」も効果あり。

OK.坐骨が立っている正しい座り姿勢。背もたれと腰の隙間がなく、背筋が自然とまっすぐに。

NG.坐骨が倒れて、背中が丸くなってしまう座り方。背もたれと腰の間に大きな隙間ができる。

坐骨が立っているか確認。

座ったまま、左右のおしりの下に手を入れてみる。尖った先端が手に当たるのが正しい姿勢。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。