暮らしに役立つ、知恵がある。

 

美しく不思議な絵がいざなう物語の世界。ちひろ美術館・東京『ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ』

文・嶌 陽子

写真ギャラリー

『アライバル』(河出書房新社)より 2004~2006年  主人公がたどり着いた異国の街。幻想的な表現を通じ、「未知なる土地との出合い」がよりリアルに感じられる。
『アライバル』(河出書房新社)より 2004~2006年 主人公がたどり着いた異国の街。幻想的な表現を通じ、「未知なる土地との出合い」がよりリアルに感じられる。
いたずらがきをするやつ  2011年  『ロスト・シング』の映像化の際、登場する「迷子」の仲間として考えた生き物を立体化した。
いたずらがきをするやつ 2011年 『ロスト・シング』の映像化の際、登場する「迷子」の仲間として考えた生き物を立体化した。
「火曜午後の読書会」『遠い町から来た話』(河出書房新社)より  2004年  郊外の日常を舞台に起こる奇妙な出来事を描いた15の短編からなる本の中の作品。
「火曜午後の読書会」『遠い町から来た話』(河出書房新社)より 2004年 郊外の日常を舞台に起こる奇妙な出来事を描いた15の短編からなる本の中の作品。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 美しく不思議な絵がいざなう物語の世界。ちひろ美術館・東京『ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ』

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載