くらし

大好評、クレヨンハウスの連続講座「子どもの本の学校2019」が開講!

作家が読者と出会える場として、毎年大好評のクレヨンハウスの連続講座「子どもの本の学校2019」が開講。29年目を迎える今年、初回は詩人の谷川俊太郎さんと新鋭イラストレーターの祖敷大輔さんのスペシャル対談。
直接作家の話が聞けるまたとない機会、絵本を愛する人に参加してほしい企画だ。
詩人・谷川俊太郎(撮影/宮津かなえ)

今年で29回目を迎える、クレヨンハウスの連続講座「子どもの本の学校2019」。毎月土曜日の1回、豪華講師陣から絵本製作の秘話が聞けたり、作家と直接対話ができる場として、大好評の企画だ。

初回の2019年5月18日は、詩人・谷川俊太郎さんと新鋭イラストレーター・祖敷大輔さんのスペシャル対談。谷川俊太郎さんと絵本作家がコラボレーションするシリーズ「あかちゃんから絵本」。この14作目の『あるくくま』でコラボレートした祖敷大輔さんと、「『あるくくま』ができるまで」を講演する。

11月には歌人の穂村弘さん、2020年の2月には大人気シリーズ『かいけつゾロリ』でおなじみの絵本作家・原ゆたかさんなど、豪華講師陣の講演が決定。

この貴重な機会をお見逃しなく。

クレヨンハウスの連続講座「子どもの本の学校2019」
開催日:毎月1回土曜日
会場:クレヨンハウス東京店 B1F レストラン「広場」 
※全席自由
定員:100名
開場:会員の方は15時30分
当日券の方は15時50分
講演会:16時~17時30分まで
(終了後サイン会予定)
入場料:年間会員 18,500円(入会金500円含む)もしくは当日券 2,000円
※詳しくは公式ホームページにて。

歌人・穂村弘
歌人・穂村弘
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE