くらし

「万葉集」ゆかりの地の大宰府から、梅ヶ枝餅が登場! 「福岡物産展」が4月17日より開催。

小田急百貨店新宿店本館11階催物場では、4月17日(水)~22日(月)の期間、『福岡物産展』を開催。豚骨ラーメンやもつ鍋、明太子など福岡を代表するグルメや、大宰府名物の「梅ヶ枝餅」や福岡名菓の「博多通りもん」、糸島市から初登場のメロンパンなどのスイーツなどを始め、約40店が出店する。 

新元号“令和”の由来となる「万葉集」のゆかりの地として、大宰府に注目が集まり、ますます観光地として人気が高まるであろう福岡。
福岡に旅行はできなくても、新宿駅直上の会場なら休日だけでなく、仕事帰りにも気軽に立ち寄って福岡グルメを楽しめる。

いま話題の大宰府から梅ヶ枝餅も!

大宰府市「かさの家」梅ヶ枝餅・よもぎ入り梅ヶ枝餅(各650円/1包、5個入り)※よもぎ入り梅ヶ枝餅は各日限定50包(お一人様1包限り)。
福岡市「名月堂」博多通りもん(560円/1パック、5個入り)
糸島市「カシェット」フルーツメロンパン(苺 380円/1個、エクレアメロンパン、ホワイトクリームメロンパン、チョコクリームメロンパン 各290円/1個)
大宰府市「かさの家」梅ヶ枝餅・よもぎ入り梅ヶ枝餅(各650円/1包、5個入り)※よもぎ入り梅ヶ枝餅は各日限定50包(お一人様1包限り)。
福岡市「名月堂」博多通りもん(560円/1パック、5個入り)
糸島市「カシェット」フルーツメロンパン(苺 380円/1個、エクレアメロンパン、ホワイトクリームメロンパン、チョコクリームメロンパン 各290円/1個)

人気の高い福岡名菓「博多通りもん」をはじめ、現地の糸島市では土・日・祝日にのみ営業し、行列ができる人気ぶりの『カシェット』が初出店。また「万葉集」ゆかりの地としていま注目を集める大宰府の名物菓子「かさの家」の梅ヶ枝餅を販売する。

イートイングルメも見逃せない!

福岡市「博多麺屋台 た組」スペシャルラーメン(950円)
福岡市「博多 芳々亭」博多もつ鍋ちゃんぽん(醤油、味噌、塩 各918円)※塩味は各日限定30杯。
福岡市「博多麺屋台 た組」スペシャルラーメン(950円)
福岡市「博多 芳々亭」博多もつ鍋ちゃんぽん(醤油、味噌、塩 各918円)※塩味は各日限定30杯。

できたてを味わえるイートインでは、クセのないクリーミーなスープが人気の「博多麺屋台 た組」の豚骨ラーメンと、「博多 芳々亭」の博多もつ鍋ちゃんぽんを提供。

地元で愛される人気店の味

上から時計回りに「味のめんたい福太郎」無着色辛子明太子(1,296円/100g)、「中島商店」いわし明太子(432円/1尾)、「味の明太子 ふくや」味の明太子(1,080円、100g)、「博多 あき津゛」北海道虎杖浜産天然だし辛子明太子(1,620円/100g)
「ノダニク」博多和牛赤身ステーキ&焼肉弁当(2,268円)
上から時計回りに「味のめんたい福太郎」無着色辛子明太子(1,296円/100g)、「中島商店」いわし明太子(432円/1尾)、「味の明太子 ふくや」味の明太子(1,080円、100g)、「博多 あき津゛」北海道虎杖浜産天然だし辛子明太子(1,620円/100g)
「ノダニク」博多和牛赤身ステーキ&焼肉弁当(2,268円)

地元で人気の高い明太子の名店4店が出展。各店のこだわりの味を食べ比べて、好みの一品を見つけるのもおすすめ。地元産の肉を使用したメニューが人気の肉バル「ノダニク」は、博多和牛のステーキと焼肉を一度に味わえる弁当を販売。

『福岡物産展』
開催期間:4月17日(水)~22日(月)
開催時間:10時~20時 ※最終日は17時閉場
開催場所:小田急百貨店新宿店本館11階 催物場
住所:東京都新宿区西新宿1-1-3
電話番号:03-3342-1111(大代表)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE