くらし

【ニューオープン】神楽坂に「アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」の旗艦店が誕生

「一杯の炊き立ての白いごはんから、つながり広がるしあわせ」を提案するライフスタイルショップ「アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」が、東京・神楽坂に最大規模となる旗艦店「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ(AKOMEYA TOKYO in la kagū)」を3月30日(土)にニューオープン!
クロワッサンオンラインレポーターがお披露目会に参加してきたので、写真たっぷりで紹介します!
  • 写真・文 クロワッサンオンラインレポーター izumin
東京メトロ東西線「神楽坂駅」2番出口を出て、真正面に「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」があります。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」1階入り口の様子。
日本各地から厳選した約20種のお米を量り売りしている。
好みの分づきに合わせた精米も行えます。
3合パックは、好みのお米を見つけるための食べ比べ用やプレゼントにも最適。
和食調理に最適な調味料もたくさん展開している。
東京メトロ東西線「神楽坂駅」2番出口を出て、真正面に「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」があります。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」1階入り口の様子。
日本各地から厳選した約20種のお米を量り売りしている。
好みの分づきに合わせた精米も行えます。
3合パックは、好みのお米を見つけるための食べ比べ用やプレゼントにも最適。
和食調理に最適な調味料もたくさん展開している。

「お福分けのこころ」をコンセプトとし、食品や雑貨、そして「おいしさで満たされる、至福のとき」を提供するライフスタイルショップ「アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」が、神楽坂に旗艦店「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ(AKOMEYA TOKYO in la kagū)」をオープン。

これまでの「アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」で取り扱っていたお米や食品、飲料、キッチン用品や器、インテリア、ファッション、美容商品を幅広く展開するだけでなく、新たな導入として、旗艦店ならではの“食を体験する飲食スペース”も充実させました。

キッチンツールの展開も幅広いので、探していたアイテムもきっと見つかるはず。
こんなに便利なキッチンアイテムもあるのか.......という発見も!
レジ後ろにある「しめ縄」は、出雲大社神楽殿の大しめ縄を作っている職人によって作られたものだとか!
新生活に必要となる方も多いであろう、お弁当箱なども充実しています。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」限定商品も販売。
寛永15年より380年以上続く熊本の老舗「白玉屋新三郎」によるカフェ「Shiratama Salon 新三郎」。
キッチンツールの展開も幅広いので、探していたアイテムもきっと見つかるはず。
こんなに便利なキッチンアイテムもあるのか.......という発見も!
レジ後ろにある「しめ縄」は、出雲大社神楽殿の大しめ縄を作っている職人によって作られたものだとか!
新生活に必要となる方も多いであろう、お弁当箱なども充実しています。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」限定商品も販売。
寛永15年より380年以上続く熊本の老舗「白玉屋新三郎」によるカフェ「Shiratama Salon 新三郎」。

1階には、こだわりの“おいしい”をいただくキッチン「AKOMEYA厨房」、初のカフェ業態となる「AKOMEYA茶屋」が登場。
寛永15年より380年以上続く熊本の老舗「白玉屋新三郎」によるカフェ「Shiratama Salon 新三郎」も新たに出店しています。

さらには、既存店で人気の「お米の売り場」も併設。
日本各地から取り寄せた約20種の厳選米を量り売りし、精米もお好みの分づきに出来ることから、お米好きにもたまりません。

「カネ十農園(茶農園)」によるお茶のテイスティングコーナー。
生活に必要なアイテムもいろいろ揃っています。
とても見やすいディスプレイに並べられた、雑貨や美容商品など。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」2階
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」2階
「カネ十農園(茶農園)」によるお茶のテイスティングコーナー。
生活に必要なアイテムもいろいろ揃っています。
とても見やすいディスプレイに並べられた、雑貨や美容商品など。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」2階
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」2階

2階は、掃除道具やインテリア、雑貨、美容商品など、暮らしに欠かせないアイテムを中心に展開。
季節や旬を取り入れた予約制のワークショップを行う空間としても活用されます。

倉敷帆布とコラボレーションしたAKOMEYAの《ギフトバッグ》。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」だけで扱っている《ギフトバッグ(税込1,728円)》。
予約制のワークショップは、「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」のウェブサイトから予約できます。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」お披露目会では鏡開きも行われた。
倉敷帆布とコラボレーションしたAKOMEYAの《ギフトバッグ》。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」だけで扱っている《ギフトバッグ(税込1,728円)》。
予約制のワークショップは、「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」のウェブサイトから予約できます。
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」お披露目会では鏡開きも行われた。

「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」のオープンを記念した、限定デザインの《豆樽》や《アコメヤの出汁 焼きあご》、《かや生地ふきん》、《ギフトバッグ》は、「アコメヤ トウキョウ」のファンにとってもたまらない商品!

特別なこだわりギフトをお探しの時も「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ」へ行けば、気になる商品が必ず見つかるはずです。
新生活にぴったりなアイテムも揃えている、「アコメヤ トウキョウ」日本最大規模の旗艦店で、お食事を楽しみながらお買い物にもいそしんでみては?(クロワッサンオンラインレポーター izumin)

【アコメヤ トウキョウ イン ラカグ(AKOMEYA TOKYO in la kagū)】
住所:東京都新宿区矢来町67
営業時間:11:00~20:30
     厨房 11:00~15:30、17:30~22:00
     茶屋 8:00~22:00

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE