くらし

国内初の”宿泊できる無印良品”、「MUJI HOTEL GINZA」の客室全タイプをご紹介!

世界3店舗目となるMUJI HOTELの国内1号店、「MUJI HOTEL GINZA」が銀座にオープン!
無印良品をこよなく愛するムジラー(無印良品ラバー)でホテル好きのクロワッサンオンラインレポーターが、初潜入してきました。
日本のみならず、世界中の無印良品ファン必見のレポートをどうぞご覧下さい!
  • 写真・文 クロワッサンオンラインレポーター izumin
ホテルフロントの壁には、100年前に東京を走っていた路面電車の敷石を再利用しています。
「TYPE D」面積34~35平方メートル、料金35,900円、最大収容人数3名(3名の場合+5000円) ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE D」デスク周りにも無印良品のステーショナリーを装備。
無印良品のアロマディフューザーや電気ケトルが備わっている。
木材や土壁など、自然素材をふんだんに用い、ホッとできる寛ぎと心地良さを追従。
エレベーターホールにあるフロア案内。

無印良品の思いを見事に表現した、日本初のホテル「MUJI HOTEL GINZA」が2018年4月4日(木)にオープン!
“アンチゴージャス、アンチチープ”をモットーに、人々の日常生活の一部になり得るような旅に寄り添うホテルとして誕生しました。

日本各地の食を味わえるレストラン「WA」、アートやデザインに触れられる「ATELIER MUJI」を併設。
6階にはホテルのフロント、7階から10階には全79室の客室があります。

ホテル共用部には、東京の路面電車で使われていたものなど、さまざまな場所の廃材も再利用。時代の流れの大切さをも感じられる、心地よいホテルを目指しました。

「TYPE B」面積20平方メートル、料金27,900円、最大収容人数2名 ※価格は消費税やサービス料を含む
クローゼット内には無印良品のハンガーを用意。部屋着も着心地の良い素材やデザインを採用。
グラス、カップなどは、 「無印良品 銀座」の1階から5階で購入できるものを用意。
洗面台のグッズ、アメニティ、タオルなど、無印良品好きには馴染みのある商品が用意されている。
アメニティセットも全て無印良品。
無印良品らしい、シンプルですっきりとした水回り。

客室は9タイプに分かれ、コンパクトな客室「TYPE A」を筆頭に、ダブルベッドにロングテーブルを設けた「TYPE B」、全客室の約半数を占めるスタンダードタイプの「TYPE C」、ツインベッドで最大3名収容できる「TYPE D」、畳の小上がりを用いた日本らしさも体感できる「TYPE E」や「TYPE F」、2段ベッドや本棚をあつらえた「TYPE G」、ユニバーサルタイプで車椅子も利用可能な「TYPE H」、客室で一番大きな面積52平方メートルを誇り最大4名収容の「TYPE I」といった、バラエティ豊かな客室を“ちょうど良い価格”で展開しています。

「TYPE G」面積25平方メートル、料金29,900円、最大収容人数3名(3名の場合+5000円) ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE G」細長いコンパクトな空間だが、インテリアの配置がすっきりしているので、とても過ごしやすかったです!
「TYPE I」面積52平方メートル、料金55,900円、最大収容人数4名(3名の場合+5000円、4名の場合+10000円) ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE I」浴室にはヒバの木のバスタブを備えている。
「TYPE H」面積27平方メートル、料金29,900円、最大収容人数2名 ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE F」面積36平方メートル、料金36,900円、最大収容人数3名(3名の場合+5000円) ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE E」面積36~37平方メートル、料金36,900円、最大収容人数3名(3名の場合+5000円) ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE C」面積24~25平方メートル、料金29,900円、最大収容人数2名 ※価格は消費税やサービス料を含む
「TYPE A」面積14~15平方メートル、料金14,900円、最大収容人数2名(2名の場合+5000円) ※価格は消費税やサービス料を含む

収納とバスルームの扉を一体化させる工夫をはじめ、高めに設定された天井、最小限に狭くした入り口などユニークな設計が、従来のホテルには無い空間を生み出しています。

収納の使い勝手も良く、タブレット端末で空調やカーテン、アラームなどを設定できたりと、ストレスフリーなホテル滞在ができるのもうれしい。

一部を除きアメニティなどは通常店舗で扱っている商品を備え、“無印良品のアイテムを実際に使ってみて、購買を検討できる”ということも実現しています。

食を通しても日本の「和」に触れることができる。
《春の恵み卵とじ》
朝食は朝の7時~10時(LO 9時半)、銀座界隈で朝食を楽しむことのできるレストランとしても注目を浴びそう!
《ごまだしうどんセット》
大分の郷土料理《りゅうきゅう》
座席数は51席、レストランの壁には古い船の鉄板を再利用している。

6階のホテルフロントの横には、日本各地で長く食べられるふるさとの味を堪能できるレストラン「WA」を併設。
3ヶ月に一度のペースで地域ごとの食材や料理を入れ替えるといった楽しみもあり、ホテルの宿泊客のみならず、「無印良品 銀座」を訪れるゲストを飽きさせない工夫も取り入れられています。

初回は大分県の食を特集し、郷土料理《りゅうきゅう》、《ごまだしうどんセット》、《とり天》、《春の恵み卵とじ》などを6月末まで用意。
そして、注文ごとに一号羽釜で炊きあげる飛騨高山産のコシヒカリを味わえるなど、朝食から夕食の時間まで、日本の食を心ゆくまで堪能できます。

「MUJI HOTEL GINZA」の予約は公式ホームページのみで取り扱い中。
しかしながら、オープン前から世界中のファンからの予約が殺到していることから、しばらくは予約も取りづらい状況だそう。
たとえ東京都内住まいでも、無印良品ラバーならば一度は泊まってみたい“手に届く憧れホテル”です。(クロワッサンオンラインレポーター izumin)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。