くらし

【帆立缶と長芋のとろみスープ+ゆかりごはんのレシピ】ワタナベマキさんのがんばらない料理。

食材の栄養や旨味がたっぷりと染み出た具だくさんスープがあれば、それだけで食卓は豊かに。“一汁一飯”でも大満足のコンビネーションをご紹介。ほったらかしでも失敗なし! ラクでおいしい、ごちそうスープを料理家のワタナベマキさんに教わります。
  • 撮影・青木和義 文・斎藤理子

生でも食べられる長いもは、長時間煮込む必要がない時短お助け食材。

帆立缶やちくわなど、ダシがよく出る具材を使えばあっという間にスープが完成。旨味を含んだ長いもはしゃきしゃき感を残して。

【材料(2人分)】
帆立缶詰(小)1缶(55g)、長いも8cm、ちくわ2本、長ねぎ12cm分、酒大さじ2、水450ml、塩小さじ1/4、A[片栗粉小さじ2、水大さじ1]、ごま油小さじ1、ごはん適量、ゆかり少々

【作り方】
1.長いもはたわしで皮をこすり洗いし、大きめの乱切りにする。ちくわは斜めに2mc幅に、長ねぎは斜め薄切りにする。
2.鍋に1、帆立を缶汁ごと入れ、酒、水を加えて中火にかける。
3.煮立ったらアクを取って弱火にし、フタをしてさらに約5分煮る。塩を加えて味を調える。
4.合わせたAを加え、ひと煮立ちさせてとろみをつけ、ごま油を加える。
5.ごはんにはゆかり少々をふる。

ワタナベマキ●料理家。手軽に作れて飽きのこないレシピが人気。自然体のライフスタイルにもファンが多い。『そうざいスープ』(主婦と生活社)ほか著書多数。

『クロワッサン』991号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE