くらし

【白菜とたらの梅だし汁+大豆ごはんのレシピ】ワタナベマキさんのがんばらない料理。

食材の栄養や旨味がたっぷりと染み出た具だくさんスープがあれば、それだけで食卓は豊かに。“一汁一飯”でも大満足のコンビネーションをご紹介。ほったらかしでも失敗なし! ラクでおいしい、ごちそうスープを料理家のワタナベマキさんに教わります。
  • 撮影・青木和義 文・斎藤理子

ダシがよく出る梅干しは種ごと入れて。大豆ごはんで食べごたえも。

余りがちな梅干しを使い切るにはスープがぴったり。梅干しの塩分で塩加減し、醤油は香りづけ程度に。たらとの相性も抜群。

【材料(2人分)】
生たら切り身2切れ、白菜外葉2枚、えのき茸½パック、梅干し3個、酒大さじ2、だし汁500ml、醤油小さじ2、白いりごま少々、ごはん茶碗2杯分、大豆ドライパック80g、塩少々

【作り方】
1.たらはキッチンペーパーで表面の水分をしっかりと拭く。
2.白菜は一口大のそぎ切りに。えのき茸は石づきを取り、3cm幅に切る。
3.鍋に酒、だし汁、梅干しを崩して種ごと入れ、中火にかける。煮立ったら1と白菜の芯の部分、えのき茸を加え、ひと煮立ちさせてアクを取る。
4.弱火にし、フタをして5分煮た後、白菜の葉部分を入れ、醤油を加え、白いりごまをふる。
5.ごはんに大豆のドライパック、塩を混ぜる。

ワタナベマキ●料理家。手軽に作れて飽きのこないレシピが人気。自然体のライフスタイルにもファンが多い。『そうざいスープ』(主婦と生活社)ほか著書多数。

『クロワッサン』991号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE