くらし

【おからチゲ・おつまみ小鍋】京都の知恵と工夫を、小鍋にぎゅっと、閉じ込めて。

京都の底冷えする冬に鍋料理は欠かせない。当地ならではの食材を使い、簡単でおいしい小鍋を提案してもらった。
  • 撮影・青木和義 文・大澤はつ江

[おつまみ小鍋]お酒のあてにも最適。いろいろな種類を並べてつまみたい。

おからチゲ

●小平さんから一言●
韓国で食べたチゲをアレンジ。豆乳の変化も楽しみのひとつ。

おからの舌触りと豆乳の滑らかさ。シメにうどんを入れてもいい。

【材料(作りやすい分量)】
豚肉こま切れ50g、キムチ100g、おから50g、絹ごし豆腐60g、九条ねぎ適量、だし300ml、味噌大さじ1、豆乳50ml

【作り方】
1. 鍋にだしを入れ、蓋をして火にかける。温まったら豚肉、キムチ、おからを加えて混ぜ、スプーンなどですくった豆腐を加えてひと煮立ちさせる。
2. 火を一度止め、味噌を溶き入れる。
3. 再び火にかけ豆乳を注ぎ、沸騰寸前で止める。斜めに切った九条ねぎを散らす。

豆乳は少しずつ鍋に加え、沸騰前に火を止める。煮過ぎると分離する。

※だしは、昆布と鰹で引いた合わせだしを使用しています。

小平泰子(こひら・やすこ)●料理家。おばんざいの知恵や始末の心を取り入れた料理が人気。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰する。

『クロワッサン』988号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE