くらし

【塩豚のさっぱり鍋・鶏スープ】川津幸子さんが教える、だしと具材が絶品の鍋。

この具材とこの煮汁なら間違いない。鍋にはそんな、黄金のコンビネーションがあるのです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・渡邊美穂 文・新田草子

[鶏スープの鍋]さっぱりと食べたいときに。鶏肉や豚肉、魚介と好相性。

鶏スープの取り方

水4カップと鶏ひき肉200gを鍋に入れ、よく混ぜる。しょうが1かけを加えて中火にかけ、沸騰したらアクを取り除き、弱火で10分煮る。ざるで漉して、煮汁をスープとして使う。ひき肉は甘辛く味付けしてそぼろに。
※水3カップで顆粒鶏ガラスープの素大さじ1を溶いたものでもよい。

《塩豚のさっぱり鍋》にんにく入りのもつ鍋風。塩豚は作り置くと便利。

【材料】
豚バラ塊肉300g、キャベツ1/4個、ごぼう1/2本、にら1束、もやし1/2袋、豆腐1/2丁、にんにく1〜2かけ、赤唐辛子1本、煮汁[鶏スープ3カップ、酒1/4カップ、塩小さじ1/4、しょうゆ小さじ1/2]、塩小さじ1、ごま酢だれ 適量

【作り方】
1. 豚肉は塩をまぶしてラップで包み、冷蔵庫に1〜2日おく。
2. 1の塩豚を4cm幅の3mm厚さ程度に薄切りにする。キャベツは4cm角に切り、ごぼうはピーラーでささがきにして水に5分ほどさらす。にらは4cm長さ、豆腐は4つに切る。
3. 鍋に煮汁の材料を入れて煮立て、2、もやしを加え、薄切りにしたにんにくと2つに割って種を取った赤唐辛子を散らして煮る。火が通ったら器に取り、ごま酢だれをかける。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)●料理家。手早くおいしい、毎日作っても負担にならないレシピにファン多数。著書に『100文字レシピ』シリーズ、『あの味が自分でできる くいしんぼレシピ』ほか。

『クロワッサン』988号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE