くらし

金運が上がる、財布とお金の使い方。

  • 撮影・津留崎徹花 スタイリング・白男川清美 イラストレーション・オガワナホ 撮影協力・AWABEES TITLES 文・板倉ミキコ

(5)レシートや領収書を 入れっぱなしにしない。

財布がごちゃごちゃする一番の原因は、レシートや領収書。これらは既に使い終わった〝過去のお金〟の証し。入れたままにしておくと、不思議と同じ額のお金を使いたくなるという。帰宅後すぐ取り出して整理するか、初めからバッグの内ポケットなど、別の場所に入れる習慣を。

(6)古い財布には塩を入れ、 白い紙に包んで処分する。

どんなに気に入った財布でも劣化は避けられない。汚れたものを使っているとお金が寄りつかず、運気も下がる。新しい財布に替える時は、中に清めの塩をひとつまみ入れ、これまでの感謝を込めて「ありがとう」と21回お礼を唱える。その後、白い半紙に包んで処分する。

(7)一万円札はなるべく使わない。 支払いは五千円札優先で。

財布には一万円札より五千円札を多めに入れ、支払いの際も五千円札を優先。一万円札を特別扱いでき、守られたことを喜んだ一万円札がより多くの仲間を呼んでくれる。時々、可能な限り多めのお札を入れ、お金がいっぱいある状態を財布に覚えさせるのも効果的。

(8)汚れたり破れたお札は、 できるだけ新札に換えて入れる。

いろいろな人の手に触れ、様々な状況で使われてきたお金。特に破れたり汚れているお札には、よくない“気”がこもっている可能性も。くたびれたお札が入った財布に新たなお金は入ってきづらいので、銀行で新札に取り換えてもらう。シワになったお札は低温のアイロンを当てても。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。