くらし

【夫の実家が所有する売れない土地をどうしたらいい?】読者の相続問題を、税理士が徹底解説。

お互いに言い出しづらい話題、「親のお金」のこと。しかし先送りすることにメリットなし。読者の実例をもとに税理士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーで広尾麻布相続センター代表の中島典子さんが解説します。
  • イラストレーション・山下カヨコ 文・板倉ミキコ

「夫の実家が所有する 売れない土地を どうしたらいい?」

義父が亡くなりました。夫の実家は地方にあり、都会育ちの私には理解できない部分も多いのですが、問題は実家の所有する土地です。土地といってもいわゆる過疎地方の小さな農地を点々と所有しているのです。それらを一括で本家の長男である義父が管理していました。義父の弟は「税金などを払っていくために自分たちは財産放棄をして兄に任せたのだから当然のこと。これからは〇〇ちゃん(長男である夫)が引き継ぐんだ」と言います。夫がちょっと調べたところ、所縁もない土地なのに固定資産税だけでもけっこうな金額。総計でかなりの大きさがあるのにまとまってないので売却することもできないのだそう。夫の代までは義父が残した財産でどうにか管理できそうですが、できれば継ぎたくない。まして息子にもこの面倒が残るなんて絶対イヤです。でも夫は「そんなことは親戚が許さないよ」と言います。せめて夫が元気なうちにどうにかできないものでしょうか?

尻込B美さん(55歳 既婚 子ども2人)

自分たちでは活用方法が全くわからない農地。「餅は餅屋」ということで、まず農地を管轄している行政に相談してみよう。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。