くらし

【鶏だんごとねぎのこしょう鍋・和風だし】川津幸子さんが教える、だしと具材が絶品の鍋。

この具材とこの煮汁なら間違いない。鍋にはそんな、黄金のコンビネーションがあるのです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・渡邊美穂 文・新田草子

[和風だしの鍋]基本のだし。具材によって、しょうゆや塩の加減を変えて。

和風だしの取り方

鍋に水5カップ、昆布5g、だしパックに入れたかつお節10gを入れて中火にかける。沸騰したら弱火にして3〜4分煮出し、火を止めて冷ます。昆布と、絞ったかつお節のパックを取り除く。

《鶏だんごとねぎのこしょう鍋》しょうゆはごく少量。たっぷりのこしょうが味の決め手。

【材料】
鶏ひき肉200g、ねぎ2本、青梗菜2株、A[塩小さじ1/3、みそ・酒各小さじ1、砂糖小さじ1/2、しょうが汁・こしょう各少々、溶き卵1/2個分、水・片栗粉各大さじ1]、ごま油小さじ2、酒1/2カップ B[だし汁3・1/2カップ、塩小さじ1〜1・1/4、薄口しょうゆ小さじ1]、もみじ麩(あれば生)・粗挽きこしょう各適量

【作り方】
1. ボウルに鶏ひき肉とAの塩を入れてよく練り、Aの残りの材料を加えてさらによく練る。
2. ねぎは4cm長さに切り、表面に斜めの細かい切れ込みを入れる。青梗菜は茎と葉に分け、茎は縦6つ割り、葉はざく切りにする。
3. 土鍋にごま油を熱してねぎを炒め、酒を加えて沸騰したら、Bを入れる。煮立ったら、小さく丸めた1、青梗菜、5mm厚さに切ったもみじ麩を加えながら煮て、こしょうをたっぷりとふる。火が通ったら器に汁ごと取り分ける。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)●料理家。手早くおいしい、毎日作っても負担にならないレシピにファン多数。著書に『100文字レシピ』シリーズ、『あの味が自分でできる くいしんぼレシピ』ほか。

『クロワッサン』988号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。