暮らしに役立つ、知恵がある。

 

サッと包んでおすそ分け。大切な人に、小さな贈りもの。

包み紙を再利用したり100均のアイテムを使うなど、背伸びしないおすそ分けのラッピング方法を紹介。簡単で見栄えのいいアイデアを役立てて。

撮影・津留崎徹花 文・板倉ミキコ

手持ちの包装紙の再利用で、果物を少しだけおすそ分け。

サッと包んでおすそ分け。大切な人に、小さな贈りもの。

可愛い包装紙や、ひも、リボンはストックして活用。

いただき物に使われていた可愛い包装紙や、ひも、リボンは取っておく数を決めてストック。結ぶひもは張りが…

いただき物に使われていた可愛い包装紙や、ひも、リボンは取っておく数を決めてストック。結ぶひもは張りがあってほどけにくい素材がいい。反対色、同系色等、ひもと包装紙の組み合わせ次第で印象が変わるのを楽しんで。

【用意するもの】
包装紙
ひも(張りのあるタイプ)
はさみ

【作り方】

1. 包装紙の中央にりんごを2つ並べてのせ、包む。
1. 包装紙の中央にりんごを2つ並べてのせ、包む。
2. 包んだら自分に向かって縦に起き、中央部分にひもを二重巻きにする。
2. 包んだら自分に向かって縦に起き、中央部分にひもを二重巻きにする。
3. 蝶結びにする。結び目はほどけないようにしっかりと。
3. 蝶結びにする。結び目はほどけないようにしっかりと。
1. 包装紙の中央にりんごを2つ並べてのせ、包む。
2. 包んだら自分に向かって縦に起き、中央部分にひもを二重巻きにする。
3. 蝶結びにする。結び目はほどけないようにしっかりと。

消しゴムや綿棒をスタンプにして、ポップな柄の袋を作る。

サッと包んでおすそ分け。大切な人に、小さな贈りもの。

ごちゃっとして見える雑貨は、手作りの袋に入れる。

リップクリームやハンドクリームなど、形や色がバラバラの雑貨などをまとめ、クラフトペーパーで作った袋に…

リップクリームやハンドクリームなど、形や色がバラバラの雑貨などをまとめ、クラフトペーパーで作った袋に入れる。消しゴムの一面を使う“彫らない消しゴムハンコ”や、綿棒をハンコにしてペタペタするだけで作れる。

【用意するもの】
A4クラフトペーパー
マスキングテープ
消しゴム
綿棒
スタンプパッド
はさみ
下紙

【作り方】

1. 下紙を敷き、クラフトペーパーを置く。
1. 下紙を敷き、クラフトペーパーを置く。
2. 消しゴムにインクをつけ、ペーパーに押す。紙からはみ出るように押すのがポイント。綿棒の場合は先端にインクをつけ、ランダムに押す。
2. 消しゴムにインクをつけ、ペーパーに押す。紙からはみ出るように押すのがポイント。綿棒の場合は先端にインクをつけ、ランダムに押す。
3. インクが乾いたら縦半分に紙を折り、2辺にマスキングテープを貼り袋を作る(1ページのトレーシングペーパーの袋作り参照)。
3. インクが乾いたら縦半分に紙を折り、2辺にマスキングテープを貼り袋を作る(1ページのトレーシングペーパーの袋作り参照)。
4. 化粧品を入れ、袋の口を手前に折り、マスキングテープで留める。
4. 化粧品を入れ、袋の口を手前に折り、マスキングテープで留める。
1. 下紙を敷き、クラフトペーパーを置く。
2. 消しゴムにインクをつけ、ペーパーに押す。紙からはみ出るように押すのがポイント。綿棒の場合は先端にインクをつけ、ランダムに押す。
3. インクが乾いたら縦半分に紙を折り、2辺にマスキングテープを貼り袋を作る(1ページのトレーシングペーパーの袋作り参照)。
4. 化粧品を入れ、袋の口を手前に折り、マスキングテープで留める。

ミスミノリコ●暮らしの装飾家。店舗のディスプレイのほか、雑誌、書籍のスタイリングなど幅広く活躍。ワークショップも行う。近著に『小さな暮らしのおすそわけ』(主婦と生活社)がある。

『クロワッサン』985号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

04 / 04
  1. HOME
  2. くらし
  3. サッと包んでおすそ分け。大切な人に、小さな贈りもの。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載