【神田沙也加・別所哲也版】ミュージカル『マイ・フェア・レディ』をフォトレポート! | アートとカルチャー | クロワッサン オンライン
くらし

【神田沙也加・別所哲也版】ミュージカル『マイ・フェア・レディ』をフォトレポート!

2018年9月16日、渋谷ヒカリエ11階にある「東急シアターオーブ」で開幕したミュージカル『マイ・フェア・レディ』。華やかな舞台をたくさんの写真でレポートします。
  • 写真・文 クロワッサンオンライン
イライザ役の神田沙也加さんと、ヒギンズ教授役の別所哲也さん

ロンドンの社交界、ロマンティックなお屋敷、きらびやかなドレスに歌にダンス、そして切ない恋のものがたり……。
「心の中の女の子」がキュンとする要素満載のミュージカルの名作『マイ・フェア・レディ』が渋谷の東急オーブシアターで9月16日開幕。日本初演55周年という節目を迎えた今年は、主人公のイライザ役を朝夏まなとさんと神田沙也加さんがWキャストでつとめることも話題です。共演のヒギンズ教授役も寺脇康文さんと別所哲也さんがWキャスト。

クロワッサンオンラインが、公開通し稽古でいちはやく鑑賞したのは神田沙也加さん&別所哲也さん版。さっそく、たっぷりの写真で見どころをご紹介します!

貧しい花売り娘イライザはある日、言語学者のヒギンズ教授に出会い…。

ロンドンの繁華街コヴェント・ガーデンで、貧しい花売りの娘イライザはその強烈な訛りと行儀の悪さから、言語学者ヒギンズ教授の目に留まります。彼に一挙手一投足を罵られ腹を立てつつも、自分を貴婦人に成長させることができる、と断言する教授の言葉に、今の生活から抜け出す可能性を見出すイライザ。

ヒギンズ教授宅を訪ねたイライザはある賭けに巻き込まれ…

せいいっぱい着飾り、人間として成長したい思いを伝えに、ヒギンズ教授宅を訪れたイライザ。居合わせた相島一之さん演じるピッカリング大佐は「彼女を本物の貴婦人にしたら授業料を払う」という”賭け”を提案、追い返すつもりだったヒギンズ教授がこれに乗り、鬼特訓がスタートします。

どうしても「ひ」と「し」が言いわけられないイライザに、あの手この手で指導するヒギンズ教授。このあたりのユーモアたっぷりのやりとりには客席からも笑い声。

ついに、諦めかける二人だったが……。

そして扉が開く。

第一幕で最も幸福感にあふれていたのは、イライザが訛りを克服する場面。怒りっぽく皮肉屋のヒギンズ教授も笑顔で歌い踊り、イライザの努力をたたえます。
喜びのあまり興奮して眠れないイライザに、ピアス夫人(春風ひとみ)が優しく布団をかけるシーンも美しい。健気で可憐なイライザに周囲がみな心を奪われていくのがわかります。

華やかに社交界デビュー……のはずが!

ついにアスコット競馬場で社交界デビューを飾ったイライザ。黒と白のスタイリッシュでエレガントなドレスは、この舞台のアイコン的アイテムのひとつ。オードリー・ヘップバーン主演の映画版でもおなじみのファッションです。
しかし、見た目は美しいレディでもまだまだ中身が追いついていないイライザ。その粗野なふるまいに、ヒギンズ教授の母(前田美波里)もびっくり。

果たして、ヒギンズ教授は賭けに勝てるのか? 物語は第二幕へ……。

なぜか同席した貴族のフレディ(平方元基)がイライザのとりこに……?

口が悪く意地っ張りのヒギンズ教授は不器用な日本男性のようでもあり、ヨーロッパの物語なのに妙な親近感。じれったい鈍感男とおてんば娘のラブコメディは、日本の少女漫画ファンの心もつかみそうです。

いつの時代も、女の子がどんどん綺麗になっていくシンデレラ・ストーリーは元気をくれるもの。幻想的に再現されたロンドンの街も美しく、神田沙也加さんの可憐なルックスと透明感のある歌声に時間を忘れた3時間でした。
(クロワッサンオンライン)

『マイ・フェア・レディ』歌唱披露/神田沙也加♪「だったらいいな」

<2018年公演日程>
9月16日〜30日     東京公演(東急シアターオーブ)
10月6日〜7日       福岡公演(久留米シティプラザ ザ・グランドホール)
10月10日〜11日   広島公演(上野学園ホール)
10月19日~21日   大阪公演(梅田芸術劇場メインホール)
10月24日〜25日    愛知公演(日本特殊陶業市民会館ビレッジホール)
10月31日〜11月1日 大分公演(iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ)

詳しくは公式サイトで。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE