くらし

原田美枝子、小島聖ら出演。カミュ原作『誤解』が新国立劇場で10月上演。

歴代最年少の芸術監督、小川絵梨子さんのシーズンオープニング作品となる現代の悲劇『誤解』。最新号『クロワッサン』(981号)の特集「2018年版 大人の美容&おしゃれ術。」巻頭に登場する原田美枝子さんが娘と共謀して殺人を繰り返す母を演じます。
(左)原田美枝子さん (右)小島聖さん
(左)原田美枝子さん (右)小島聖さん

ヨーロッパの田舎で小さなホテルを営むマルタとその母親は、憧れの暮らしを夢見て、ホテルの客を殺し金品を奪っていた。二人の前に、ある日、秘密を持つ男性客が現れて……。

ウクライナの町で実際に起きた殺人事件に着想を得て、アルベール・カミュが1942年から43年にかけて執筆した戯曲『誤解』。1951年に文学座で日本初演された”悲劇”が、文学座の新鋭、稲葉賀恵さんの演出で再び世に問われます。いま、なぜこの作品を上演するのか、翻訳を担当した岩切正一郎さんはリリースに寄せたメッセージで「閉塞、息苦しさ、 本来いるべきではない所へ追放されている感覚。それを見つめ、反抗するために」意義が大きいと述べています。

殺人を繰り返す母娘を演じるのは原田美枝子さんと小島聖さん。
ナチ占領下のパリで初上演された「古典」が、21世紀の日本でどのように受け止められるのか。歴代最年少で新国立劇場演劇部門の芸術監督に就いた小川絵梨子さんのシーズンオープニング作品に注目です。

『 誤解』公演概要

作:アルベール・カミュ

キャスト: 原田美枝子 小島 聖 水橋研二 深谷美歩 小林勝也
翻訳:岩切正一郎 演出:稲葉賀恵
主催:新国立劇場
芸術監督:小川絵梨子

【会場】 新国立劇場 小劇場 (京王新線 新宿駅より1駅、「初台駅」中央口直結) 【公演日程】 2018年10月4日(木)~10月21日(日) 【料金】 A席6,480円、B席3,240円、Z席1,620円(税込)
※ Z席は公演当日10時よりボックスオフィス窓口で販売。1人1枚。電話予約不可。※高齢者割引(65歳以上5%)、障害者割引(20%)、学生割引(5%)、ジュニア割引(中学生以下20%)など各種の割引サービスあり。

9月10日発売号の表紙も原田美枝子さん
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE