くらし

【寝室】7割収納で夫と妻の収納空間を分けて、朝の身支度もスムーズに。

片づけきれないのはゴールが見えていないから。理想の暮らしを描くことから始める7割収納。その7つのルールと実践例を紹介します。
  • 撮影・青木和義 文・薄葉亜希子

寝室は就寝スタイルから見直す。一緒に寝ていた子どもたちは子ども部屋で寝るよう布団を移動し、クローゼットは夫婦それぞれの収納に。

「棚にあった本や工具、カバンなどの小物類は箱に入れてから棚に収めると取り出しやすくてきれいです」

落ち着いた寝室に変身。
万年床だった子どもの布団、あふれていたものが片づき、棚に余白も残っている。このゆとりが7割の目安。

(1)引き出し
様々な服が雑然と入っていた引き出しはカテゴリー分けして立てて収納。ひと目で見つけやすくなった。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。