くらし

黒酢、りんご酢、バルサミコ酢……余りがちなあの酢にひと手間加えた「タレ」レシピ。

  • 撮影・村上未知

[バルサミコ酢]ほんのりスパイスが香るソースのようなタレは、炒め物にも生野菜にも。

バルサミコタレ

【作り方】
たまねぎ1/2個とにんにく1かけをみじん切りに。フライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、たまねぎ、にんにくを炒める。しんなり薄茶色になってきたら、バルサミコ酢250ml、塩小さじ1、カレー粉大さじ1を加え、少し煮詰めてソース状になったら火を止め、はちみつ大さじ2を加えよく混ぜる。

《あと1品レシピ》ズッキーニ、茄子、とうもろこしのバルサミコ炒め

【作り方】
ズッキーニ1/2本、茄子1個を棒状に切る。とうもろこし1/2本は茹でて、そぎ切りにする。フライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、ズッキーニ、茄子を炒める。火が通ったらとうもろこし、バルサミコタレ大さじ2を加え、炒めながらからめる。

《あと1品レシピ》レタスとルッコラのサラダ

【作り方】
洗ったレタス150g、ルッコラ25gを大きめの一口大にちぎる。バルサミコタレ大さじ1・1/2とオリーブオイル大さじ2をまわしかける。薄く削ったパルメザンチーズ適量を散らす。

《あと1品レシピ》パプリカと鶏のバルサミコ炒め

【作り方】
パプリカ1個、鶏もも肉140gを一口大に切る。フライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、パプリカと鶏肉を炒め、火が通ったらバルサミコタレ大さじ2を合わせる。タレが一度沸騰して、全体に混ざったらできあがり。

※タレはすべて作りやすい分量、料理は2人分となります。

三原寛子(みはら・ひろこ)●料理ユニット「南風食堂」主宰。小岩里佳さんとの料理ユニット「食堂」として、雑誌やWEBでのレシピ紹介から、食に関する企画提案や商品開発まで幅広く活動中。

『クロワッサン』976号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE