くらし

【料理、洗濯、掃除】いつ、どんな場面で使う? 行動に合わせた収納で家事も楽になる。

あらゆるものを「使う場所に置く」という発想で、無駄のない動線に沿った収納ができます。
  • 撮影・岩本慶三 文・黒澤 彩 イラストレーション・安ケ平正哉

[料理・来客]食器や調理器具も用途別に管理。使用頻度も考慮する。

収納するものの量が多いキッチンでも、日々の行動パターンと照らし合わせて物の置き場を決めている。

キッチンでは、毎日使う食器を食洗機のすぐ上の棚に収納。「一歩も移動せずに片づけられるので、動きに無駄がなくなりました」。また、年に数回しか使わないお菓子作りセットはひとまとめにして上の棚に。来客用のお茶セットも、家族の食器とは別にボックスにまとめてある。

使用頻度の高い食器をまとめて置くと、食事のたびにあちこちから取り出す手間も省ける。
道具だけではなく、このときしか使わないバニラエッセンスなども一緒に。
お客さん用のカップやポットを分けておくと、来客時にもバタつかない。
使用頻度の高い食器をまとめて置くと、食事のたびにあちこちから取り出す手間も省ける。
道具だけではなく、このときしか使わないバニラエッセンスなども一緒に。
お客さん用のカップやポットを分けておくと、来客時にもバタつかない。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE