5月8日(火)放送のTBS『ビビット』で、8回忌を迎えた女優・田中好子を特集。 | くらしにいいこと | クロワッサン オンライン
くらし

5月8日(火)放送のTBS『ビビット』で、8回忌を迎えた女優・田中好子を特集。

気になるテレビ情報をいちはやくチェック! 今回は、5月8日(火)放送のTBS『ビビット』、田中好子さん特集をご紹介します。キャンディーズのスーちゃんとして親しまれたのち、女優として活躍し、若くしてこの世を去った彼女の人生とは。
2011年4月21日、55歳という若さでこの世を去った田中好子さん
キャンディーズでは、“スーちゃん”の愛称で親しまれた
田中好子さんを支え続けたマネージャー・丸尾由美子さん
2011年4月21日、55歳という若さでこの世を去った田中好子さん
キャンディーズでは、“スーちゃん”の愛称で親しまれた
田中好子さんを支え続けたマネージャー・丸尾由美子さん

国分太一さんと真矢ミキさんのMCで毎週月~金曜あさ8時から放送中の『ビビット』。5月8日 (火)放送回では、話題の人物の生き様に迫る「人生シリーズ」コーナーで田中好子さんを特集します。

田中さんは1973年にキャンディーズのメンバーとしてデビュー。人気絶頂の中「普通の女の子に戻りたい」という有名な言葉を残し解散したのちは女優に転身、1989年に公開された今村昌平監督の映画『黒い雨』では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、演技派として活躍します。
女優として花開き、女優・夏目雅子さんの兄、小達一雄さんと結婚もして順風満帆な人生を送っていた田中さんを病魔が襲ったのは1992年のこと。乳がんが発覚し、以後18年ものあいだ、治療・再発を繰り返し、ついに2011年4月21日、55歳の若さでこの世を去りました。告別式で本人の肉声メッセージが流されるシーンは、当時多くの人の涙を誘った胸を打つひとこま。そこまでして、彼女がどうしても伝えたかった想いとは……?

「芸能界復帰の裏にあった、大病を患う弟との約束――」
「身内にすら知らせず、極秘で続けられた闘病生活の背景にあったもの――」

27年間、田中を側で支え続けたマネージャー、丸尾 由美子氏のインタビューを交えながら、多くの人々を“夢中”にさせた人生に迫ります。お見逃しなく。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE