暮らしに役立つ、知恵がある。

 

鍋ひとつで作る、エスニックラーメン【ごはん同盟のレシピ】

ひき肉を煮込むことで、おいしいスープができるのが麺ものならでは。

撮影・青木和義 文・長谷川未緒

エスニックラーメン

鍋ひとつで作る、エスニックラーメン【ごはん同盟のレシピ】
香菜の根と酒も入り、肉の臭みが気にならない。アクが多ければ取る。
香菜の根と酒も入り、肉の臭みが気にならない。アクが多ければ取る。
鍋ひとつで作る、エスニックラーメン【ごはん同盟のレシピ】
香菜の根と酒も入り、肉の臭みが気にならない。アクが多ければ取る。

肉の旨みがスープにしみ出て、クセになるおいしさ。つるっとした歯触りは即席麺ならでは。麺の別茹で不要で、鍋ひとつで作れるのもいい。

【材料(2人分)】
袋麺(インスタントラーメン)2食分
水 5カップ
豚ひき肉 100g
青梗菜 1/2本
もやし 1/2袋
万能ねぎ(小口切り)大さじ2
香菜 1本
酒 大さじ1
フライドガーリック 適量
A[ナンプラー 大さじ1、鶏ガラスープの素 大さじ1、赤唐辛子(輪切り)小さじ1/2]
こしょう 少々

【作り方】
1.青梗菜は根を落とし、ざく切りにする。香菜は根と茎と葉に分け、根と茎はみじん切りにする。
2.鍋に水を入れて強めの中火で熱し、沸騰したら香菜の根と茎、ひき肉と酒を加える。Aを加え混ぜ、袋の表示どおり麺を茹でる。残り1分のところでもやしと青梗菜を加える。
3.器に盛り、万能ねぎと香菜の葉、フライドガーリックをのせ、こしょうをふる。

  • ごはん同盟

    ごはん同盟 さん (ごはんどうめい)

    炊飯系フードユニット

    調理のしらいのりこさん、企画・執筆のシライジュンイチさん、夫婦で活動。近著に『ごきげんな晩酌 家飲みが楽しくなる日本酒のおつまみ65』など。

『クロワッサン』1105号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 鍋ひとつで作る、エスニックラーメン【ごはん同盟のレシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載