暮らしに役立つ、知恵がある。

 

生麩の照り焼き大徳寺納豆がけ【京名物で作る惣菜レシピ】

京都に行くと、必ず買って帰りたくなる京都ならではの食材。
その上手な使い方を、京都の料理家の小平泰子さんに教わりました。

撮影・小川朋央 スタイリング・高島聖子 文・斎藤理子 撮影協力・UTUWA TEL.03・6447・0070

生麩の照り焼き大徳寺納豆がけ

生麩の照り焼き大徳寺納豆がけ【京名物で作る惣菜レシピ】
生麩
生麩
生麩の照り焼き大徳寺納豆がけ【京名物で作る惣菜レシピ】
生麩

【材料(2人分)】
生麩 2本(260g)
サラダ油 大さじ1
A[濃口醤油・みりん・日本酒 各大さじ1]
大徳寺納豆 小さじ2ほど

【作り方】
1.生麩を食べやすい大きさに切る。
2.フライパンにサラダ油を熱し、1をこんがりと焼く。
3.ペーパータオルなどで2の油分を吸い取ってから火を止め、Aを注いで余熱で手早く煮詰めながら絡め、皿に盛る。
4.大徳寺納豆を細かく刻み、3にかける。

  • 小平泰子

    小平泰子 さん (こひら・やすこ)

    料理家

    京都と京丹波で、旬を料理し季節を味わう料理教室を主宰。工場を持ち、ちりめん山椒やふきのとう味噌など惣菜を作り、全国発送もしている。『京都おかず菜時記』(京阪神エルマガジン社)など著書多数。

『クロワッサン』1089号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 生麩の照り焼き大徳寺納豆がけ【京名物で作る惣菜レシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載