くらし

“あんこ”好きにはたまらない! 「第8回 時をかけるあん」が阪急うめだ本店で開催。

日本人が愛してやまない、和菓子の代表格ともいえる“あんこ”。阪急うめだ本店の秋を代表する人気イベント「時をかけるあん」が、11月16日(水)~21日(月)まで開催される。

8回目を迎える今回は、あんことのマッチングが楽しめる、個性あふれる進化するあん菓子や、外せない定番のあん菓子、城下町から広まった銘菓や、武将が愛したあん菓子などを「お菓史の歴史」と共に紹介。あんこ好きにはたまらない、あんこの魅力にひたれる6日間だ。

会場限定や、コラボまで。進化する“あんこ”の魅力を紹介

「五十鈴川茶屋」あずきコルネ(300円/本)[各日販売予定数300]
「tubara cafe」カフェのおやつ(648円/個)[各日販売予定数100]
「tubara cafe」生つばら 栗(378円)、黒胡麻(324円)抹茶・ラムレーズン(各292円)※すべて1個の価格
「舟和本店」×「バナナファクトリー」バナイモどら(378円/個) [各日販売予定数800]
「宮島 藤い屋」クリームあんドーナツ(301円/個)[各日販売予定数250]
「とらや」カラメル求肥と紅茶餡の生菓子(540円/個)[販売予定数250] ※各日11時30分より販売

定番のあん菓子も見のがせない!

左「雪華堂」 お芋さんどら焼き(270円)、右「花かんざし」どらボール(紫いも・かぼちゃあずき(各486円)、手前「鹿島菓匠 丸三老舗」かぼちゃバターどら焼き(281円)
左「中津菓子かねい」大きな栗のしっとりどら(357円)、右「梅月堂」ぬれどら焼きプレミアム和栗(378円)、手前「浅草 梅園」栗きんとんどら焼き(297円)
左「菓匠禄兵衛」家倉大納言どら焼き(249円)、右「森八」能登大納言 夢香山(195円)、手前「風の菓子 虎彦」どら焼き 極天(160円)
左から兵庫「高山堂」栗大福(238円)、岐阜「新杵堂」まるごと渋皮栗大福(330円)、  大阪「餅匠しづく」栗大福(324円)[販売予定数100] ※各日午後2時から販売
左から京都「京らく製あん所」あんこたっぷり蓬大福( 249円)、 滋賀「菓匠禄兵衛」黒さや草餅(486円)、大阪「餅匠しづく」草餅()[販売予定数100] ※各日午後2時から販売
左から静岡「石舟庵」塩豆大福(249円)、兵庫「高山堂」丹波黒豆大福(270円)東京「榮太樓總本鋪」黒豆大福(281円)

※どら焼き、大福はすべて1個の価格

“あんこ”好きによる、“あんこ”トークショーやセミナーも開催

安井友梨氏

〇ビキニフィットネス女王 安井友梨氏トークショー
11月19日(土)午後1時~、午後3時~(各回30分)
食べるおはぎは年間1,100個以上! 自身の経験をもとに、小豆・あんこの力で美と健康を極める秘訣を紹介するトークショー。
〇日本あんこ協会 会長 にしいあんこ氏によるセミナー
11月20日(日)午前11時~、午後2時~、午後4時~(各回30分)
日本三大菓子処のあんこを食べながら学ぶ有料スペシャルセミナー。

『第8回 時をかけるあん』
期間:11月16日(水)~21日(月)
場所:阪急うめだ本店 9階祝祭広場

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。