くらし

東京、このデパ地下弁当で自分にご褒美を!

東京にはまだまだ気になる情報がたくさんある。ここでは、地元の人もチェックする旬の話題を紹介。東京の時間を余さずに堪能しよう。
  • 撮影・青木和義、黒川ひろみ、谷 尚樹 構成&文・堀越和幸

この数年のコロナの影響もあってか、東京のデパ地下では家で楽しむちょっと贅沢な弁当が好評だ。ここでは人気の3つをご紹介。

まずは『懐石料理 青山』の「紅ごよみ」。紅白仕立てのご飯が印象的で看板の煮物はにんじんや筍などを食材ごとに大鍋で炊くので、素材そのままの旨味が味わえる)。

『懐石料理 青山』の「紅ごよみ」(銀座三越)。宮内庁御用達の老舗の弁 当。お祝いごとの席などでも人気の一品。1,998円。問い合わせ:銀座三越 TEL.03・35 62・1111 

山の上ホテル発『てんぷら山の上』の「天重弁当」は伝統の味が手軽にいただける。5種の天ぷらはご飯と2段重ねで、お好みによってご飯の上に天ぷらをそのままのせ〝丼つゆ〟で食べられる趣向も楽しい。

山の上ホテル『てんぷら山の上』の「天重弁当」(日本橋三越)。多くの文化人に愛されてきた伝統的な天ぷらの味。冷めていても衣の歯触りがしっかり残されている。2,800円。問い合わせ:日本橋三越 TEL.03・3517・32 30

『神田明神下 みやび』の「銀粋御膳(ぎんすいごぜん)」は牛めしや鮭めしなど5種類のご飯とおかずが一口サイズに並び、お酒のあてにも合いそう。東京から帰る、新幹線の中でいかが?

『神田明神下 みやび』の「銀粋御膳」(銀座三越)。コンセプトは"銀座で観劇"のおしゃれ弁当。1,620円。問い合わせ:銀座三越

『クロワッサン』1079号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。