くらし

IKKOさんの美意識が詰まった、凛として華やかな自宅。「整理整頓は心のリズムが乱されないための作業」。

常に細やかで周りを和ませるIKKOさん。外見も振る舞いも、その美意識には定評があるが、どんな暮らしをしているのだろう。特別に自宅を見せてもらった。
  • 撮影・宮崎貢司 文・嶌 陽子

 

“愛情を注げば家はきっと自分を守ってくれるはず。” “目に見える景色が人生を決めていくのよ。”

玄関から一歩中に入ると、お香の柔らかな香りや、生き生きとした花に心がほぐれていく。広々としたIKKOさんの自宅は美しく整えられ、清々しい空気が漂っていた。

「家の外に出ると、たくさんのものを目にしたり耳にしたりする分、どうしても心身がダメージを受けやすいでしょう。仕事に対してストイックになるあまり、気持ちが刺々しくなることもある。
私にとって家とは、そんな日常のダメージを浄化し、心の棘を取ってまろやかにする場所。そして、エネルギーを充電する場所なんです」

穏やかに過ごせるよう、常に心がけているのはきれいな状態を保つこと、そして見た目の美しさだ。

「私ね、目に映る景色が人生を作ると思っているんです。だから家の中はとても大事。好きなもの、美しいものに囲まれることで活力をもらえるし、内面も磨かれる気がして」

そんなIKKOさんの美意識が詰まった家は、どのようにしてすっきりした状態を保っているのか。その工夫の数々をじっくり見せてもらった。

|引っ越し歴多数、これまでに暮らした家の一部。|

30代の終わりに土地を購入して建てた世田谷区の家。現在は仕事道具を保管している。たくさんのものを揃いの引き出しケースに整然と並べて。

40代後半に暮らした代官山の家。寝室は心落ち着くピンクでまとめて。「この頃は仕事が最高潮に忙しい時期で、睡眠も毎日2時間程度でした」

50代の時に約1年暮らした広尾の家。「マンション最上階のペントハウス。玄関を広くするなど、改装もしました」。キッチンだけでも相当な広さ。

「東京の家が日々の小さなダメージを浄化してくれるとしたら、ここは命の洗濯ができるところ」とIKKOさんが話す軽井沢の別荘。ここも自分らしく、美しく整えている。「家具や調度品などは、東京の家のものと時々入れ替えています」

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。