くらし

【浴室編】開運セラピストが教える「我が家をパワースポットにする」水回り掃除。

夏は、命の源である水の力をとくに意識する季節。
もっとも身近な家の水回りをきれいに保って自分と家族の環境を整え、運気アップを目指そう。開運セラピストの紫月香帆さん がアドバイスします。
  • イラストレーション・山口正児 構成&文・黒澤 彩

【浴室】水で心身を浄化する場所。 カビ、水垢、ぬめりを防ぐ。

お風呂は水をたくさん使う浄化の場。体の汚れとともに厄を落とす意味合いもあるという。
「心身が浄化できると運気は活性化し、浄化がうまくいかないと運気が停滞します。なので、浴室の掃除はとても大事。カビ、水垢、ぬめりを防ぐのが命題です」。
入浴や掃除の後は換気扇を長めに回すなど、湿気対策にも気を配ろう。

(1)壁、鏡の水垢は毎日ひと拭き。

鏡や壁に残った水滴はすぐに水垢になるので、毎日の乾拭きが肝心。「洗面所の鏡と同様に水垢がついていたら運気が下がります。毎日、最後にお風呂に入った人が壁と鏡を拭くよう、家族にも協力してもらいましょう。スクイージーなどの道具を活用しても」

(2)排水口にゴミを残さない。

「排水口が詰まっていると運気も詰まって停滞し、なぜかものごとがうまく進まないようになってしまいます。掃除は数日ごとでもいいのですが、髪の毛だけは毎日取りましょう」。これも最後にお風呂に入った人が必ず捨てるという家族のルールにしたい。

(3)シャンプーボトルのぬめりに注意。

体をきれいにするシャンプーなどのボトルにぬめりがあるというのは大問題。「雰囲気という言葉があるように、美しさは"気"からくるもの。シャンプーボトルのぬめりは美の大敵と心得ましょう」。毎日拭くのが面倒なら、ラックに掛けるなど工夫を。

「今年と来年は、暦の上でも“水”がテーマとなる星まわり。日常の暮らしの中でも水を意識してみるといいですよ」とは開運セラピストの紫月香帆さん。

見渡してみると、家の中には水にまつわる場所の多いこと。夏はとくに使う頻度が増えるので、カビ、湿気、水垢といった汚れが発生しやすい一方、水しぶきの冷たさが気持ちよく感じられる季節でもある。むだづかいはせず、感謝をしながら水を味方につけることで運気も上向くという。

「自分の身近な環境を整えることは運気アップの基本。どんなに有名なパワースポットに行ったとしても、家の掃除をおろそかにしていたらご利益なんて得られません」

水回りをきれいに保ち、水を使って家じゅうをきれいに。ほんのひと手間で差が出る開運習慣、できることから始めてみよう。

紫月香帆

紫月香帆 さん (しづき・かほ)

開運セラピスト

四柱推命や風水をベースにした開運、鑑定でメディア出演をはじめ幅広く活躍。『神さまが教える風水の教科書』(ナツメ社)など著書多数。

『クロワッサン』1074号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。