くらし

【トイレ編】開運セラピストが教える「我が家をパワースポットにする」水回り掃除。

夏は、命の源である水の力をとくに意識する季節。
もっとも身近な家の水回りをきれいに保って自分と家族の環境を整え、運気アップを目指そう。開運セラピストの紫月香帆さん がアドバイスします。
  • イラストレーション・山口正児 構成&文・黒澤 彩

【トイレ】本気で掃除に取り組めば運気が大きく変わる!

玄関が運気の表の出入り口だとすると、トイレは隠れた出入り口。悪いものが滞らないようにする。

「昔から神様が宿る場所と考えられてきました。不運が続いたり、運気を大きく変えたいと思ったら、ていねいに心を込めて掃除をしましょう。本気でトイレ掃除をできる人は、人生・生活に真剣に向き合える人です」

(1)便器の掃除は家主がすべし!

「便器の掃除だけは、子どもにお手伝いさせたり家事代行の人に頼むのではなく、家主が行うようにしましょう。私が知るかぎりでは、成功している人ほどトイレ掃除を必ず自分でしています」。家のなかでもっとも汚れる場所を掃除することで出世につながる。

(2)床と壁をこまめに水拭きする。

流す水がはねたりして床や壁も汚れやすい。汚れが目立つ前に、こまめに水拭きをしよう。「見えない汚れは悪臭のもと。悪臭は悪い気です。壁は全面でなくても腰の高さくらいまでを拭けばいいでしょう。便器を掃除するタイミングで、ぜひ床と壁の拭き掃除も」

(3)香り、炭を活用して空気を浄化。

よく換気をした上で、悪臭を取り除くために消臭効果のあるものを活用するのもおすすめ。「消臭剤、芳香剤、アロマなど好みのものを取り入れて、香りで悪い気を払います。体調がすぐれないときは、浄化作用のある炭を奇数本置くのもいいですね」

「今年と来年は、暦の上でも“水”がテーマとなる星まわり。日常の暮らしの中でも水を意識してみるといいですよ」とは開運セラピストの紫月香帆さん。

見渡してみると、家の中には水にまつわる場所の多いこと。夏はとくに使う頻度が増えるので、カビ、湿気、水垢といった汚れが発生しやすい一方、水しぶきの冷たさが気持ちよく感じられる季節でもある。むだづかいはせず、感謝をしながら水を味方につけることで運気も上向くという。

「自分の身近な環境を整えることは運気アップの基本。どんなに有名なパワースポットに行ったとしても、家の掃除をおろそかにしていたらご利益なんて得られません」

水回りをきれいに保ち、水を使って家じゅうをきれいに。ほんのひと手間で差が出る開運習慣、できることから始めてみよう。

紫月香帆

紫月香帆 さん (しづき・かほ)

開運セラピスト

四柱推命や風水をベースにした開運、鑑定でメディア出演をはじめ幅広く活躍。『神さまが教える風水の教科書』(ナツメ社)など著書多数。

『クロワッサン』1074号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。