くらし

山脇りこさんに教わる、まな板いらずのキッチンばさみ活用術。

  • 撮影・吉澤健太 文・斎藤理子

キッチンばさみなら、まな板いらず。骨でも殻でも、どんどん切れて 下ごしらえも万全。

(山脇さん愛用♡)ドイツ・「ツヴィリング」のキッチンばさみ。ある程度重さがあるのが使いやすいそう。

アトリエと自宅双方のキッチンに、キッチンばさみを常備しているという山脇りこさん。

「薬味をちょっと切ったり、イワシのような小魚をさばいたりするときに重宝しています。まな板を出して切って洗ってというのは意外と手間。でも、キッチンばさみなら、まな板いらずなので本当に楽ですよ」

山脇さん愛用のキッチンばさみは、ドイツ製。現在のは2代目だが、もう17年も使っているという。

「今でも切れ味抜群です。自分の手にフィットしたサイズと形のものを選ぶのがポイント。疲れずに使えます」

【野菜も】

[小ねぎ]鍋の上で直接切ってしまえば簡単。

ねぎや三つ葉など薬味をちょっとプラスしたいときは、鍋の上で切ればラクチン。

[いんげん]まな板からボウルに移す手間が不要に。

ボウルの上でチョキチョキ。斜め切りに向いている。まな板いらずなので、洗い物が減る。

[ 油揚げ]はさみで切るほうが、断然ヨレない。

縦に半分にしてから、細くチョキチョキ。包丁よりぐっと短時間で切ることができる。

【魚介も】

[イワシ]お店で下ろしたようなきれいな仕上がり。

胸びれの下からはさみを入れて、頭を切り落とす。作業はボウルの上でやると始末が簡単。

腹側を頭から肛門まで一気に切る。キッチンばさみなら、細かい骨も楽に切れる。

お腹を洗って内臓をきれいにしたら、切り口の両サイドから出ている骨を切り落とす。

小骨もザクザク切れて、断然美しく仕上がる。小ぶりのアジ、イカなどもはさみが便利。

[エビ]背中を一気に切れば、ワタもきれいに。

殻付きのエビの背中を、身の皮を薄くすくうようにしてはさみで切っていく。尾の付け根まで切ったら、一気に殻がむける。同時に背ワタも、洗うだけで取りやすくなる。

[ホッケ]硬い骨も切れるので、一口サイズも楽々。

ホッケのように大きくて皮や骨が硬い魚も、キッチンばさみなら楽に切れる。半分だけ焼きたいときや、小さいサイズに切り分けて唐揚げなどにしたいときなどは、はさみの出番。

山脇りこ

山脇りこ さん (やまわき・りこ)

料理研究家

旬を大切にした、作りやすく洒落たレシピが人気。テレビ出演も多い。『毎日食べたいかんたん3×3レシピ』(ぴあ)など著書多数。

『クロワッサン』1067号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。