くらし

鍋の蓋がかさばる…など、台所の収納〝もやもや〞解消アイデア集。

調理道具がすぐ出てこない、たわしに詰まるゴミが気になる……。そんな毎日の台所仕事にありがちな、小さなストレス。とっておきの解決法を、料理家の瀬尾幸子さんと文筆家の山本ふみこさんが教えます。
  • 文・新田草子

【収納・置き場所】モノの居場所を見直すだけで使い勝手アップ。

(もやもや1)粉ものの出し入れ時に輪ゴムを外すのが面倒。

●ひと袋がぴったり収まる容器に丸ごと入れる。

小麦粉や天ぷら粉は、袋ごと収まる保存容器に入れ、計量スプーンも入れて保存します。移し替えないので粉が飛び散らないし、入りきらない分を保存する場所も不要。砂糖の保存もこの方法です。(瀬尾さん)

(もやもや2)こまごまとした調味料が行方不明に。

●鶏ガラスープの容器に入れ替えて統一。

ごまなどの小さな袋入りの調味料は、自分がよく使う調味料の空き容器にすべて移し替えると整理整頓しやすくなります。我が家の場合は、鶏ガラスープの素の容器に。PET素材なので軽くて扱いやすいんです。(瀬尾さん)

(もやもや3)鍋の蓋がかさばって邪魔。

●ひとつの規格に対し1枚の鍋蓋を用意。

鍋の蓋の収納に困って、思いついたのが「一規格一蓋」の法則。径が合えば何でもいいことにして、使いやすいものを厳選し、残りは物置きへ。無水調理など密閉したいときは、純正の蓋を使います。(瀬尾さん)

(もやもや4)よく使う調理道具はさっと手に取りたい。

●冷蔵庫の側面にマグネットフックで吊り下げる。

頻繁に使うものを冷蔵庫に下げる「飾り置き」を、もう何十年も続けています。いつでもさっと手に取れるし、洗ったあと多少半乾きでもかけておけば乾きます。洗いカゴもすぐ空いて、いいことずくめです。(山本さん)

瀬尾幸子

瀬尾幸子 さん (せお・ゆきこ)

料理研究家

「簡単でおいしいのが一番」をモットーに、レシピを発信。台所の整理術でも注目に。「料理中のアクションをいかに減らすかを大事にしています」

山本ふみこ

山本ふみこ さん (やまもと・ふみこ)

文筆家

暮らしにまつわるエッセイを多くの媒体に寄せる。必要なものだけを、"飾り置き"と"しまい置き"のふたつの方法ですっきりと収納。

『クロワッサン』1067号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。