くらし

にんじん、キャベツ、きゅうりは野菜漬けで冷蔵、月に約1736円おトク!

冷蔵冷凍保存法を使った時短節約術のプロ、岩崎啓子さんが、日々自宅で実践しているワザの中からおすすめを紹介。金属トレイの急速冷凍は、続けるほどに時間とコストが節約できる。
  • 撮影・山本康典 文・田辺 香 ※食品の価格は編集部調べ。

野菜漬けはすべての料理の副菜に。【1人あたり月に約1736円おトク!】

「豚肉とにんじんの酢漬けの炒めは簡単なのでよく作ります。キャベツの塩漬けはパンに合うのでトーストに。きゅうりの醤油漬けはスープや、刻んでタルタルにも」

●にんじん3本159円、キャベツ1玉105円、きゅうり3本170円を漬け1週間様々な料理に。たとえば各野菜を週2回都度購入した場合、計868円。月4回作ると、計1736円の節約に。

にんじんは酢漬けに

千切りしたにんじんに塩をふり、しんなりしたら袋に入れ、酢と砂糖を加えてもむ。5日間冷蔵保存できる。
 ↓

豚肉の切り落としに塩・胡椒し、フライパンで炒める。にんじんの酢漬け適量、カレー粉少々を加え炒める。

キャベツは塩漬けに

キャベツを千切りし、保存袋に入れ、塩をふってしんなりするまでよくもむ。1週間冷蔵保存できる。
 ↓

食パンにキャベツの塩漬け、ピザ用チーズを各適量乗せ、粗挽き胡椒を軽くふる。トースターで約5分加熱する。

きゅうりは醤油漬けに

縦横半分に切ったきゅうりに塩をふり水気を切る。保存袋に入れ醤油、みりん、生姜を加える。3日間冷蔵保存可。
 ↓

水と中華スープの素を鍋に入れて熱し、斜め切りしたきゅうりの醤油漬け、豆腐を加えて煮る。仕上げにラー油を。

野菜や米を冷蔵で長期保存する。

じゃがいも、ごぼう、玉ねぎは1カ月、にんじんとりんごは2週間、なすは5日間冷蔵保存可。

販売時の袋は保存向きなので袋のまま冷蔵。
粉類は食材のにおいが移るため1カ月で消費。

「じゃがいもは冷やすとデンプンの甘みが増します。りんごは他の食材を傷めるエチレンガスを発生するので密閉袋に。糠が劣化する米や常温でダニがつく小麦粉も冷蔵を」

岩崎啓子さんの冷凍テクニックに欠かせないのが金属トレイ

岩崎啓子さんは、食材の作り置きや冷蔵・冷凍保存による節約術の草分け的存在。

「とはいえ実はどんぶり勘定の人間なんです。そんな私でも少し考えて保存してみたら、案外節約できたんですよね(笑)」

肉や魚は週に1、2度スーパーでまとめ買いを。野菜はその都度買い足していく。

「頑張って保存したけど、冷凍焼けでロスになる食材もある。まめに使い切ることが大事です」

岩崎さんの家庭料理は毎日食べても飽きない定番の味付け。ひとつから簡単に習慣化できる。

「欠かせないのが金属トレイです。急速冷凍すれば食材を新鮮に保存できるし、時短につながります。節約できる金額でいえば、たとえば豚かたまり肉は月に1人あたり800円程度だけれど、4人家族に換算すれば4倍になります。続けていくことで、いつの間にかコツコツ節約できていますよ」

節約 POINT●平たい金属トレイで食材を急速冷凍。

「食材を金属トレイで急速冷凍すると、金属の熱伝導率で、冷凍時間が短く済みます。基本的に食材を薄くカットする、平らにのばすなどして保存します」。

トレイ2枚で食材を挟むとより効率がいい。

急速冷凍により、解凍しても鮮度が保たれ、食感と旨味が損なわれない。

岩崎啓子

岩崎啓子 さん (いわさき・けいこ)

料理研究家、管理栄養士

栄養学に基づいたダイエット料理や節約料理のレシピの考案に長年携わる。『冷凍名人が伝授 冷凍保存でこんなに節約!!』など著書多数。

『クロワッサン』1069号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。