くらし

『とらや』が6月16日の“和菓子の日”にあわせお菓子を販売。

6月16日(木)の“和菓子の日”。和菓子の日は、昭和54年(1979年)に全国和菓子協会が制定。和菓子の日にあわせ、とらやでは4種類のお菓子を用意する。

“和菓子の日”のルーツは「嘉祥(かじょう)」という行事にある。菓子が主役の行事で、江戸時代には公家や武家から庶民まで厄除招福を願って菓子を食べたんだそう。

嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)

江戸時代、嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子の一つを再現。夏負け防止効果があるとされる黒砂糖を加えた、小倉の蒸羊羹。ほどよく弾力がある食感や小豆の粒感、黒砂糖のコクのある味わいを楽しめる。
販売期間年:6月10 日(金)~6月16(木)
価格:1本 2,160円 ※一部取り扱いのない店舗もある

嘉祥饅頭 3個入(かじょうまんじゅう)

風味の異なる3種(黄:薯蕷饅頭、紅:新饅、茶:利休饅)のお饅頭。それぞれ嘉定通宝の意匠、小槌形の焼印、「全国和菓子協会」マークの焼印を押している。招福の願いが込められたおめでたいお菓子。
販売期間:6月10日(金)~6月16日(木)
価格:1箱1,512 円 ※一部取り扱いのない店舗もある

福こばこ

道明寺製『なりひさご』、煉切製『はね鯛(紅・白)』、そぼろ餡に小豆の粒を加え、赤飯に見立てた蒸菓子の3種類が入った、縁起が良いお菓子の詰め合わせ。
販売期間:6月10日(金)~6月16日(木)
価格:1 箱 2,430円

嘉祥菓子7ヶ盛(かじょうがし)※要予約

土器に盛った7種類の嘉祥菓子は、江戸時代末期に、宮中に納めた菓子をもとに、つくった。
予約期間:6月1日(水)~6月12日(日)※注文はお渡し日の5日前まで。
お渡し日:6月14日(火)~6月16日(木)※6月16日(木)は店頭販売もある。
価格:3,564円

『とらや』
販売店当詳細はホームページを確認。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。