くらし

『とらや』と楽しむ寅年。

『とらや』は、2022年の干支「寅」と、歌会始のお題「窓」にちなんだ新商品を期間限定で販売する。

2022年は、12年に一度の「寅」の年。たくさんの方が喜びを分かち合い、寅年が明るく楽しい 1年となりますように。そんな思いを込めたお菓子を用意。
2021年11月14日(日) “寅の日” より、順次販売開始。来る年に思いをはせつつ、とらやのお菓子を楽しんで。

「干支パッケージ 小形羊羹」(各1本292円)販売期間:11月14日(日)~2022年 1月下旬 ※なくなり次第終了。販売店舗:全店
「<寅年限定>小形羊羹5本入 虎柄化粧箱」(1,620円、5本入)販売期間:12月20日(月)~2022年3月下旬 ※なくなり次第終了。干支パッケージ小形羊羹の販売終了後は、通常パッケージの小形羊羹を詰める。販売店舗:全店
「干支羊羹 孟春(もうしゅん)の虎」(中形 1,944円/竹皮包 3,888円)販売期間: 11月下旬~2022年1月中旬予定 ※一部取り扱いのない店舗もある。

とらやを代表する羊羹「夜の梅」、「おもかげ」、「新緑」を、干支 寅のパッケージで包んだ「干支パッケージ 小形羊羹」。とらやの羊羹とともに、明るく穏やかな新年を迎えて欲しいという思いを、ほがらかな虎の姿に込めた。「小形羊羹5本入 虎柄化粧箱」は、屋号の虎と干支の寅にちなんだ、期間限定の化粧箱。干支パッケージ小形羊羹の虎の絵をモチーフに、笑顔あふれる年となるようにと願いを込めた、明るくにぎやかなデザイン。
孟春とは、“春の初め”を意味する言葉。「孟春の虎」は、春の訪れに心おどらせ、風を切って走る虎の横姿を、黄の煉羊羹で表現した。

「生菓子 陽光(ようこう)の虎」(486円、求肥製)販売店舗:生菓子取り扱い店
「生菓子 虎猛(たけ)ぶ」(486円、薯蕷製)販売店舗:関東・京都地区の生菓子取り扱い店

「陽光の虎」は、白餡を包んだ黒砂糖入の求肥に黄のカルメラをまぶし、虎斑(とらふ)模様を表したお菓子。カルメラと求肥がきらめくように見えるさまを、太陽の光を浴びながら気高くたたずむ虎に見立てた。御膳餡入の薯蕷饅頭に、黄と緑のにおい(色差し)をほどこし、虎と竹の葉の焼き印を押した「虎猛ぶ」。竹林で虎が猛々しく嘯(うそぶ)くさまを表した。日本画の題材としても好まれてきた「虎と竹」を、薯蕷饅頭に取り合わせた。
販売期間:12月16日(木)~2022年1月15日(土)

寅年関連グッズ

「干支ふろしき 寅」(1,540円)販売期間:11月14日(日)~2022年1月下旬 ※なくなり次第終了。一部取り扱いのない店舗もある、画像はイメージ。
「2022 年とらやカレンダー」(1,100円)販売期間:~なくなり次第終了。 ※一部取り扱いのない店舗もある。

小形羊羹のパッケージと連動した虎の意匠の「干支ふろしき 寅」。少しずつ表情が異なる 4匹の虎を四隅に配置。とらやのロゴ「鐶虎(かんとら)」と2022年のオリジナルタグ付き。
「2022年とらやカレンダー」は、とらやに残るお菓子のデザイン帳のうち、「大正7年型物(かたもの)御菓子見本帖」の中から絵図を選出。寅年の幕開けに際し、表紙には虎が描かれた「竹の林」を選んだ。

2022年 歌会始のお題は「窓」

「御題羊羹 光さす」(中形 1,944 円/竹皮包 3,888 円)販売期間:11月下旬~2022 年1月中旬予定 ※一部取り扱いのない店舗もある。
「生菓子 朝(あした)の窓」(486円、琥珀製)販売期間:12月16日(木)~2022年1月15日(土)販売店舗:関東・京都地区の生菓子取り扱い店

夜が明け、少しずつ明るくなっていく窓辺の様子を白道明寺羹、部屋に差し込むやわらかな朝の光を薄紅色と薄黄色の煉羊羹で表した「光さす」。朝の光が少しずつ見え始めた窓をクチナシの実で染めた琥珀製で、これから朝を迎える部屋の静かな様子を羊羹で表した「朝の窓」。羊羹部分は白下糖を使った白餡製で、コクのある風味。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。