くらし

『とらや』が、“和菓子の日”にちなんだお菓子を発売。

6月16日(水)は“和菓子の日”。そのルーツは「嘉祥(かじょう)」という菓子が主役の行事にある。和菓子の日にちなみ、とらやでは4種類の菓子を用意。

 “和菓子の日”は「嘉祥(定)」を由来とし、全国和菓子協会が制定した日。「嘉祥」は、室町時代末から始まった年中行事。 陰暦6月16日に疫病を防ぐため、16個の餅や菓子を神前に供えてから食べた風習だ。

「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」(1本2,160円)
「嘉祥饅頭(かじょうまんじゅう)3個入」(1箱 1,296 円)

「嘉祥蒸羊羹」は江戸時代、嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子の一つを再現。夏負けの防止効果があるとされる黒砂糖を加えつくった、小倉の蒸羊羹。
「嘉祥饅頭 3個入」は風味の異なる3種(黄:薯蕷饅頭、紅:新饅、茶:利休饅)の饅頭。それぞれ嘉定通宝の意匠、小槌形の焼印、「全国和菓子協会」マークの焼印を押印。招福の願いがこめられた菓子。
販売期間:6月10日(木)~6月16日(水)※一部取り扱いのない店舗がある。

「福こばこ」は道明寺製「なりひさご」、煉切製「はね鯛(紅・白)」、「御目出糖」の3種類が入った、縁起の良い菓子の詰合せ。
販売期間;6月10日(木)~6月16日(水)
価格:1箱 2,160円
販売店:詳細はホームページを確認。

「嘉祥菓子7ヶ盛」は土器に盛った7種類の嘉祥菓子。江戸時代末期に、宮中に納めた菓子をもとにつくった。

※要予約
※6月16日は数量限定で店頭販売もあり。
価格:3,240円
販売店:詳細はホームページを確認。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。